食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

あなたが40歳以上ならこの栄養素は必須です!必ず取るべき7つの必要ビタミン

  17, 2017 00:06

tablets-623706__340_mini_mini.jpg

「糖質」「脂質」「たんぱく質」が3大栄養素と呼ばれる栄養素です。そこに
「ビタミン」と「ミネラル」を加えて5大栄養素と呼ばれています。
これらの栄養素は、欠かすことができません。


バランス良く摂るのが基本ですが、年齢によって多く摂った方が良い栄養素もあったりします。
今回取り上げるのは、40歳もしくはそれ以上の年齢の場合に摂った方が良い栄養素を
ご紹介します。
7つあります。見ていきましょう。


私たちは十分なビタミンを摂取することが私たちの健康に有益であることを知っています。

ビタミンや栄養素は年齢による病気と戦う軍隊だと考えてください。
ウェルネス栄養プログラムのマネージャー、クリスティン・カークパトリックは、この軍隊を強くする
最良の方法は、健康で豊かな食事を食べることだと言う。


「あなたの体はおそらく20代と同じように40歳以上では働いていないでしょう」と彼女は言います。
あなたの筋肉量が減少し始め、体重が増え、更年期が始まることがあり、心臓病、
癌、糖尿病などの慢性疾患のリスクが増加します。


私たちのニーズに応える最高の解決策は、健康的な食事から得られるミネラルとビタミンの正確な量を
吸収する事と言います。 ここでは、それらを探すための重要な栄養素とそれらを見つける方法があります。


1.ビタミンB12
あなたが40歳になった時(そして50歳になってから間違いなく)、ビタミンB12に気をつけるべきです。
血液や脳の機能にとって不可欠であることだとカークパトリック氏は言います。
50歳前後で胃酸レベルが減少する。


40歳〜50歳の間は、ビタミンB12サプリメントまたはマルチビタミンを服用し始めるべきです。
1日当たり2.4mg(推奨摂取量)を目指してみてください。ただし、あまりにも多くの摂取を心配する
必要はありません。 B12は水溶性のビタミンであるため、体に必要でないなものは排尿します。


2.カルシウム
最近の59の研究の分析では、50歳以上の男性と女性の骨折予防における役割を測定したところ、
食物やサプリメントからのカルシウム摂取の増加が骨折のリスクを低下させる可能性は低いことが
判明しました。 他の研究では、閉経後の女性の心臓発作、脳卒中、心臓死のリスク上昇に
カルシウムサプリメントが関連しています。


私たちの骨は人生の早い段階で必要とされるカルシウムの大半(30歳前)を吸収するにもかかわらず、
栄養素は後で骨の健康を維持する役割を果たします。
栄養素は、筋収縮、神経や心機能、その他の生化学反応などの他の基本的な身体機能にとって不可欠です。
あなたの食事から十分なカルシウムが得られない場合、体はあなたの骨からカルシウムを奪い取ります。
そうなると骨粗鬆症などの骨疾患になる可能性があります。


要するに、40歳以上でカルシウムが最終的に必要になるということですが、最新の調査では、カルシウムが
多くても必ずしも多くのメリットを得られるわけではなく、心臓の健康にも悪影響を及ぼす可能性が
あるとの事です。


3.ビタミンD
カークパトリック氏は、特に40歳後に、このビタミンは年齢に関連した変化の予防に役立つと言います。
ビタミンDの欠乏症は、糖尿病、心臓病、多発性硬化症、乳癌や結腸直腸癌に関連しています。
さらに、ビタミンDは体内のカルシウム吸収に不可欠であると彼女は言います。


食物源には魚や乳製品、穀物が含まれますが、一般的には食物からはビタミンDは吸収されません。
太陽はビタミンの最高の源ですが、誰も赤道付近に住んでいるわけでは
ありませんので、必要なビタミンDを届ける強力な光線を浴びるとは限りません。


彼女はビタミンD3サプリメントを推奨しています
(ビタミンD3は太陽から得るものに最も近いタイプのビタミンDです)。
現行のNational Institutes of Health勧告によれば、1日に少なくとも600IU(1日あたり800IU)を
摂取する必要があります。 許容上限(すなわち、害を引き起こさない量)は1日当たり4000IUである。
ビタミンDが低すぎると、後で多くの健康問題を引き起こす可能性があります。


4.マグネシウム
マグネシウムの重要な機能は、加齢により高血圧の危険にさらされている40歳以上の女性にとって
血圧の調節を助けることです。
マグネシウムの欠乏症は心臓病、糖尿病、炎症と関連しているとカークパトリック氏は付け加えています。


さらに、マグネシウムは体がカルシウムを吸収するのを助け、筋肉、神経、および心機能ならびに
血糖コントロールにおいて役割を果たす。
マグネシウムが多すぎると必ずしも健康上のリスクはありませんが、下痢、吐き気、痙攣の原因となる
ことがあります。


5.カリウム
カリウムは、年齢に関係なく、血圧をチェックする重要な役割を果たしている、とカークパトリック氏は
述べています。
カリウムは体にとって必要となる栄養素ですが、 カリウムが多すぎると
胃腸管や心臓に損傷を与え、生命を脅かす不整脈を引き起こす可能性があります。
バナナ、サツマイモ、豆などの健康的な食事を食べることによってカリウムを得る事ができる。


6.オメガ3
オメガ3脂肪酸は様々な健康上の利益のためにこのリストに掲載されているに違いないと言います。
特に、心臓病のリスクや認知機能の低下に貢献する。
研究は、オメガ3が血圧およびLDL「悪玉」コレステロール値を低下させ、心臓病のリスクを低下させ、
記憶と思考を鋭く保つ役割を果たすことを証明しています。


魚、クルミ、亜麻仁、葉菜などの食品からオメガ3を得る事ができます。サプリメントも効果的です。
いずれにしても、健康であれば500mg、心臓病であれば800〜1000mg、高トリグリセリドレベルで
あれば2,000〜4000mgを目指してください。
また、重篤な副作用を伴うことがある抗凝固薬を服用している場合は、必ず適切な用量について医師に
相談してください



7.プロバイオティクス (善玉菌)
プロバイオティクスはビタミンやミネラルではありませんが、40歳以上の女性にとって重要な
必須要素です。プロバイオティクスは、腸の健康と体重を減少させる役割を
果たし、心臓病、糖尿病、脳卒中のリスクを低下させる役割も果たします。


乳製品や発酵大豆製品ではプロバイオティクスを得ることができますが、食品にはサプリメントと同じ
くらい多くの菌株が含まれておらず、各菌株には独自のメリットがあり、体重管理に役立つものも、
下痢予防のものもあります。 さらに、プロバイオティックは生きている活動的なものであるため、
加熱された料理からそれらを得ることはできません。


ソース Organic&Helthy
7 Essential Vitamins You Need After Age 40



誰もが、時間だけは平等に与えられた資源です。
そして必ず年老いていきます。
また、あなたが今まで食べてきたもので、体が造られています。
食べた物で、健康は決まってくる訳です。


40歳は、人生の折り返し地点です。そんな時に病気や体調不良などにより
時間をムダにするのは、勿体ないですよね。
成功していた人生も、病気によって一瞬に崩れていく事は理解できると思います。


今までの常識を振りかざし、常識に固執している限りでは自分の命さえ守れないでしょう。
そのくらい、時代は激流の波に押し流されています。そう、あなたの命を飲み込む事くらいは
カンタンです。


命は、少しの知識で救う事ができます。という事は運命も自分の手の中にあるという事です。
命を延ばすのも縮めるのも、ほんの少し調べる、本を読むことで変わるという事です。
あなたにとっての身近なの殺人者は自分自身の無知だということを知ってください。

いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ


関連記事
  •   17, 2017 00:06
  •  0

COMMENT 0

Post a comment