食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

チョコレートは糖尿病リスクを低下させる

  14, 2017 00:05

scrabble-1310565__340_mini_mini.jpg

3月14日は、ホワイトデーですね。
阪神百貨店梅田本店が2016年1月に調べたアンケートによると、45%の女性がホワイトデーの返礼にがっかり
「がっかりした」と回答した。
また85%の女性が、事前に好みを調べてほしいと回答した。また、同じアンケートによると、男性が返礼する
ときの予算は、最頻値は「もらった額と同等」の33%、次いで「2倍」の27%、次いで「1.5倍」の25%であった。
そして、「女性の好みをリサーチする」と回答した男性は49%であった。


こう聞くとなかなか頭が痛くなりますが、それは置いといてチョコレートには糖尿病のリスクを低下させたりと
素晴らしい効能を持っています。
逆にチョコレートは、糖尿病を更に悪化させてしまうんではないかと考える方が一般的ですよね。
それでは、その研究結果を見てみましょう。




それは本当です! チョコレートは糖尿病リスクを低下させます。 今日の研究では、毎日チョコレートを
摂取すると糖尿病のリスクを低下させることが示されています。

【チョコレートと糖尿病のリスク研究】
この研究は1オンス(約28g)のチョコレートの消費に基づいています。 この研究では、参加者に1オンスの
チョコレートを食べるよう求め、約8,000人のデータを分析した。

1か月に1オンスのチョコレートを食べた人は、糖尿病に罹患する割合が高いことが判明しました。
月に4回、または週に2回以上チョコレートを食べた人は、後に糖尿病の発生率が13%低下しました。
この研究では、週2オンスから6オンスのチョコレートが糖尿病発症リスクを低下させると結論付けられましたが、
さらなる研究が必要です。


【チョコレートと心臓の健康】
チョコレートは心臓の健康に役立つことも示されています。 7つの異なる研究で、チョコレートを食べる人
の心臓病リスクが37%低下しました。
チョコレートを食べた人では、脳卒中の危険性が29%も低下していた


【ダークチョコレートが最高です】
健康上のメリットのためにチョコレートを食べるとき、専門家はダークチョコレートが一番良いと同意します。
ミルクチョコレートにはミルクと砂糖が含まれており、チョコレートの量が減ります。
研究によると、少なくとも60%のカカオまたはココアを含むチョコレートが最高の健康上の利益を
もたらすことが示唆されています。


エール大学のDavid Katz博士は、「この食品を医薬品として最適な投薬についてはまだ十分に知りません」
とコメントしています。
ですから、詳しい研究がより詳細を確認するまで、良い医師の助言を受けて、週に数回、1オンスのチョコレートを
食べると良いでしょう。

ソース NaturalNews
Chocolate lowers diabetes risk



普通のチョコレートではなくダークチョコレートを食べないと効果が出ませんので、コンビニやスーパーで
売られているチョコレートでは効果は期待できませんのでご注意を。
そういったところで、売られているチョコレートは、大腸がんの原因にもなる乳化剤が含まれていたり、
アメリカでは禁止されたトランス脂肪酸なども入っていたりと、更に注意が必要です。


どのようなチョコレートを食べるかによって、健康に大きく差が出てきてしまいます。
消費者が、もっと気づかないといけない問題です。

いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ




関連記事
  •   14, 2017 00:05
  •  0

COMMENT 0

Post a comment