食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

最近の研究で明らかにされたアルツハイマー病を予防するための3つヒント

  25, 2016 23:54

apple-845056__340.jpg


アルツハイマー病は、世界中で急増している為、非常に問題視されています。
この病気を防ぐために私たちは何ができますか? もちろん、健康的な生活習慣と
食事療法は長い道のりになります。
私たちの日常生活に取り入れる簡単なステップはどうですか?
最近の研究での3つの提案を見てみましょう。



①りんごジュースを飲む

マサチューセッツ大学の研究者は、リンゴジュースを飲むことがアルツハイマー病の発症を遅らせるのに役立つ
かもしれないことを最近発見した。小さなたんぱく質の断片であるアミロイドβを少なくさせることを発見した。

人間が、毎日30日間、2杯のリンゴジュースを飲むと仮定した量分をマウスに飲ませたところ、
小さなたんぱく質の断片であるアミロイドβを少なくさせることを発見した。

この物質は、アルツハイマー病に罹患した人の脳でしばしば検出される「老人斑」を
形成すると考えられている。

リンゴジュースの定期的な消費は、アルツハイマー病の重要な側面を遅らせることができる治療アプローチを強化する
と同研究のリーダーでもあった神経変性学研究センターのThomas B Shea博士は述べた。

アルツハイマー病の予防には、りんごジュースは素晴らしくさわやかな解毒作用のある飲料です。
もちろん、新鮮な有機リンゴジュースが最高です。

② たばことアルコールをやめる

2008年にシカゴで開催された神経学60周年記念年次総会のアメリカアカデミーでの研究発表は、ヘビースモーカーや大量飲酒が
アルツハイマーに罹りやすいと 研究チームは飲酒や喫煙歴を含む、アルツハイマー病の診断または可能性のある診断を
有する59歳以上の938人のデータを調べた。

毎日少なくとも1箱のタバコを吸う喫煙者は、禁煙者より2.3年早くアルツハイマーに罹っています。。
一方、大量の飲酒者は、非飲酒者よりも4.8年早くアルツハイマーになった。

ヘビースモーカーや、多飲酒を少なくできれば、発症が遅れる可能性があります。
「発症が5年遅れると、アルツハイマー症の総数は約50%減少すると予測されています。


➂マインドをアクティブに保つ

神経学 、神経学のアメリカアカデミーの医学雑誌に2007年にオンライン発表された研究では、
アクティブであった高齢者は、そうでない高齢者と比べて、アルツハイマーに2.6倍、罹りづらいとされた。

脳は、肉体的な筋肉のように、運動も必要です。 チェスの試合、パズルゲーム、本や新聞を読んだり、
遊びをするなどは、アルツハイマー病を止めるのに役立つだけでなく、精神的にも積極的で刺激的なものです。
これらの活動は、私たちの生活にも彩り、意味、そして充実感を与えます。


ソース Natural News
http://www.naturalnews.com/025642_disease_Alzheimers.html
関連記事
  •   25, 2016 23:54
  •  0

COMMENT 0

Post a comment