食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

抗生物質はもうやめませんか。体に優しい10個の天然抗生物質

  29, 2017 00:04

medical-1901819__340.jpg


抗生物質を飲む際の注意点は、副作用がどうなのか。
副作用は、同じ抗生物質を処方されても症状は十人十色です。


最も多い副作用としは、下痢があげられますが、もっと恐いのは耐性菌が
できてしまう事じゃないでしょうか。
そうすると、抗生物質を飲んでも効かなく、更に強い抗生物質を処方される。
耐性菌と抗生物質の果てしない、いたちごっこが始まってしまいます。
その行先は、誰もが想像つく世界だと思います。


体に負担をかけずに優しい天然の抗生物質があれば、そんな世界からも
解放されますよね。
そんな10個のハーブと食品を見てみましょう。



細菌の微生物が抵抗力を増しているので、今日の抗生物質の有効性はますます低くなっています。
私たちは代替の10個のハーブと食品を用意しています!


1.ハチミツ
ハチミツのユニークな特性は、複数のレベルで感染症と戦う能力にあり、バクテリアが抵抗力を発揮しにくい。
ハチミツは、ポリフェノール、過酸化水素、浸透圧などの武器を組み合わせて使用​​しています。
ハチミツは実質的には両立性の戦闘機であり、複数の武器を使ってバクテリアを殺す。




2.コロイダルシルバー
1,200年前、エジプト人、ローマ人、ギリシャ人、船員たち、そしてその後私たちの国に住む先駆者たちによって
シルバーが使われました。
彼らはそれをさまざまな病気に使用し、食物や液体の腐敗を防ぎました。
抗生物質の前に1938年以前に、コロイダルシルバーは医者によって
今日使用される抗生物質よりもより自然な方法でバクテリアと戦うための主物質として使用されました
抗生物質は、私たちの腎臓や肝臓の機能を損なう可能性があります。
コロイダルシルバーは治癒を促進する。


3. パスカライト
これはワイオミング州の山々でのみ見られるベントナイト粘土の一種です。
それは顕著な癒しの力を持っています。
それが局所的に使用される場合、創傷から数時間または数日で感染を引き出す能力が知られており、
それにより完全な回復がもたらされる。



4.ターメリック
ターメリックは、さまざまな病気を治療するために何千年もの間、アーユルヴェーダと中国薬で
使用されてきました。
抗菌性および抗炎症性は、細菌感染症の治療において非常に有効であることが知られている。



5.オレガノオイル
MRSAのようなブドウ球菌感染症をコントロールするだけでなく、細菌殺滅能力に最も優れた
エッセンシャルオイルです。
それは、抗酸化剤、防腐剤、抗ウイルス剤、抗真菌剤、抗炎症剤、駆虫剤および鎮痛剤を含む。


6.ティーツリーオイル
皮膚に抗生物質耐性MRSAを殺すのに効果的であることが示されている非常に強力で精油です。




7.オリーブリーフ・エキストラクト
この物質は、何世紀にも渡って細菌感染症と戦うために使用されており、一部のヨーロッパの病院で
MRSA感染症と戦うために現在も使用されています。
抗生物質耐性感染症と戦っている間、免疫系のサポートを提供します。



8.ガーリック
この美味しい調味料は、何千年もの間世界中の薬用目的で使われてきました。
非常に強力な抗生物質、抗ウイルスおよび抗真菌特性を有する。



9.エキナセア
この化合物は、 何世紀もの間 、老化および多種多様な感染症を治療するために使用されてきた。
これは、伝統的に傷口、ならびに血液中毒、ジフテリアおよび他の細菌関連疾患を治療するために
使用されていました。
今日では、主に風邪やインフルエンザの治療に使用されています。



10. ゴールデンシール
これは、米国市場で販売されている最も人気のあるハーブの1つであり、
最近、抗生物質および免疫系増強剤として評判を得ています。
ネイティブアメリカンは、アレルギーや感染症によって引き起こされる呼吸器、消化器、
泌尿生殖器路の炎症などの炎症性内部状態の治療薬としてゴールデンシールを使用しました。


ソース organic&healthy
Antibiotics are Becoming Useless! Here are 10 Natural Antibiotics You Need In Your Home



どうでしたか?あまり聞きなれないものも多かったじゃないでしょうか。
気になったものはぜひ調べてみてくださいね。


基本的には全て天然のものなので、副作用の心配は少ないと思います。
勿論、全ての方に有効とは限りませんので、持病をお持ちの方や、アレルギーをお持ちの方、心配な方は
かかりつけの医師や専門家に相談して下さい。


また、エッセンシャルオイルは、ペットに対しては危険を及ぼす可能性があります。
ネコ科の動物はエッセンシャルオイル成分を上手く代謝できません。
猫にとってティートゥリーのオイルは中毒を起こす事があるので危険です。
必ず獣医や、ペット専門のアロマセラピーに確認するようにお願いします。



私は抗生物質を、提供しない病院があってもいいと思います。
例えば医者が『君の風邪は軽いから、オレガノオイルを処方しといたよ』なんて言えるくらい、
今の医療には変革が必要だと感じてます。


早急に西洋医学と東洋医学をテーブルに並べ議論する必要があります。
ヘーゲルの弁証法で議論する事で、より高次な統合医療や自然療法に
行きつくと思います。


その実現には、より多くの方の気づきが必要になります。
ブログを書く事で、微力ながら一石を投じています。
池に投げた石の波紋が大きく大きく広がるのを願いながら…。


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ






ブロトピ:今日の健康・医療情報
関連記事
  •   29, 2017 00:04
  •  0

COMMENT - 0

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。