食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

7000以上の研究が行われているウコンの潜在能力

  27, 2017 00:07

spices-1889634__340.jpg


前回、ウコンの主成分クルクミンは、アルツハイマー、肝臓、鬱の薬にもなるという記事を書きました。

そこでは、ウコンに含まれているクルクミンがアルツハイマーや肝臓、鬱に有効であるということでした。
そして、この魅惑のある成分に今、研究者達は憑りつかれているようです。
その研究の数は、7000以上にものぼります。


それでは、研究者たちを虜にしてしまうウコンの能力を見てみましょう。


ターメリックは豊富な黄色とその無数の料理用途で知られています。
また、千年前の古代中国薬の一部であったかもしれないことを示しています。


しかし、最近、この伝統的な料理の定番は、その素晴らしい健康上の利点のために認識を得ています。
約7,000件の研究が実施されており、ウコンは幅広い用途の強力な治癒剤であることが多くの研究で
示されています。



抗菌、抗突然変異、抗真菌、抗炎症、抗ウイルス性はターメリックを特別なものに
するもののほんの一部です。 ビタミンC、E、Kなどの微量栄養素、カルシウム、亜鉛、鉄、
マグネシウムなどのミネラルも含まれています。


ウコンの力を実証する研究

いくつかの研究によると、ウコンは特定の種類の癌との戦いを助ける能力を持っています。
例えば、Molecules誌に掲載された2015年の論評では、ウコンの主要成分であるクルクミンが、
さまざまな種類の腫瘍の開始、進行および転移を阻害する可能性があると述べています。


また、クルクミンは、アポトーシスまたは細胞死を誘発することによって疾患の進行を停止させることに
注目している。 、ターメリックに関する6,850件の研究が発表され、これらの多くがスパイスの
潜在的な健康上の利益を示していると指摘しました。


アポートシスとは…
一部の細胞があらかじめ遺伝子で決められたメカニズムによって,なかば自殺的に脱落死する現象。



クルクミンは、「癌だけでなく他の炎症性疾患の予防および治療のための安全かつ有望な分子」
であると述べている。

2015年に発表された別の最近の研究は、クルクミンの抗癌効果を示しています。


研究チームは、クルクミンが、肺および気管支、喉頭、咽頭および口腔を指す上部の空気消化管の
癌細胞系において、そのアポトーシス誘導効果をどのように正確にするかを調べようとした。
癌組織サンプルをクルクミンで処理した後、チームはその効果を調べた。
チームは、クルクミンのアポトーシス誘導効果が、腫瘍抑制遺伝子と下方制御された


本質的に、これは、彼らのデータが、クルクミンがガン抑制を示し、細胞死を防ぐタンパク質の
産生を止めることを意味する。 これらの効果はともに癌細胞のアポトーシスをもたらす。


その他の健康上の利点


例えば、プラセボ対照試験では、ウコンのサプリメントがよりバランスの
取れた気分をサポートするのに役立つことが判明しました。


研究はまた、ターメリックが身体的不快感を和らげるのに役立つことも示唆しています。
Journal of Clinical Intervention in Agingに掲載された4週間の研究では、ターメリックは
骨関節炎の痛みを和らげるためにイブプロフェンと同様に働き、関節の硬直を緩和するための
製薬よりも優れていた。



ウコンには他にも多くの健康上の利点があります。 創傷治癒を促進し、組織の刺激を和らげ、
胃の痛みを和らげ、心臓の健康を増強するために使用されています。 ターメリックは本当に
世界中の研究者を驚かせる奇跡的な物質です。


ソース natural news
Over 7,000 studies confirm turmeric’s health-protective effects





これだけの効能だけでもすごいのに、まだまだ研究を盛んにしているので、今後もっと驚くような効能が
発見されてもおかしくないですね。
そのうち、1日1杯のカレーが病気を防ぐというようなスローガンがでてくるかもしれませんね。
カレーを取り扱っている業種にとっては、追い風になりそうです。


しかし毎度毎度、素晴らしすぎる商品は成長期の途中でネガティブキャンペーンを
仕掛けられてしまい、消費者を混乱させる事をするので、注意する必要がありますね。


そうならない為に確固たるエビデンスが必要になります。
我々が出来る事としては、ウコンの虜になっている研究者達を応援する事です。



いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。


にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ


関連記事
  •   27, 2017 00:07
  •  0

COMMENT 0

Post a comment