食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

急激に増えている大腸がんと乳化剤の関係

  26, 2017 00:06

Colon-Cancer2-e1484246170696.jpg
画像ソース  natural news


乳化剤という添加物をご存知ですか?
簡単に言うと、水と油は混ざりにくい為、その性質を変えて均一に混ざりやすくする食品添加物の事。
もし、知らないのであればキッチンに行って適当な食品を手に取って見てください。


どうでしたか?あれも、これも大量に見つけられませんでしたか。
パンにアイスにチョコレート、キャンディー、ドレッシング、調味料、豆腐にかなりの食品に
含まれることに驚くと思います。


一見、乳化剤という名前を見ると、とても優しそうな名前なので体に優しそうな印象を
与えますが、実は詐欺師と同じように、優しそうな名前と実態が違います。


それでは、乳化剤という詐欺師の正体を暴いて行きましょう。


ジョージア州立大学の研究者によって行われ、 Cancer Researchジャーナルに掲載
された研究によると、一般的な食品添加物が炎症を促進し、大腸癌につながる腸内微生物に変化を引き起こす。


乳化剤と呼ばれる問題の添加剤は、食品の寿命を延ばし、加工食品の質感を改善するために使用される。
大腸癌は世界で4番目に致命的な癌です。 年間約70万人が死亡します。


この新しい研究は、人体、特に腸の中に共存するおよそ100兆個の微生物であり、新陳代謝から
免疫機能および気分に至るまでのすべてを規制する重要な役割を果たすマイクロバイオームの
研究分野の拡大の一部です。



他の研究者と共同で同じジョージア州立大学チームが行ったある研究では、乳化剤である
ポリソルベート80(非イオン性界面活性剤)とカルボキシメチルセルロースがマウスの腸内微生物に
炎症を促進させる変化を引き起こすことが分かった。


健康な免疫系を有するマウスでは、この増加した炎症がメタボリックシンドロームを引き起こした。
異常な免疫系を有するマウスでは、IBD(炎症性腸疾患)の一種である慢性大腸炎を引き起こした。



代謝症候群(メタボ)は、心臓病、2型​​糖尿病、認知症および肝臓癌のリスク増加に関連する症状の集合体で
ある。 IBDは大腸癌の危険因子である 。


他の研究では、乳化剤を含む食物を摂取すると、大腸癌の別の危険因子である腸管を覆う上皮細胞を
より多くの細菌が通過することが示されている。



乳化剤が20世紀半ばに導入されて以来、IBD(炎症性腸疾患)、大腸癌およびメタボリックシンドロームに関連する
疾患の発生率は劇的に増加している。



非常に致命的ではあるが、大腸癌も予防可能である。
病気の主要な危険因子には、喫煙、多量のアルコール摂取、運動不足、肥満および赤肉および加工肉の食事などの
生活習慣要因が含まれる。
これらの有毒な習慣を辞める事により、あなたの人生を長くします。


果物、野菜、豆類、全粒粉などの繊維が豊富な食品の摂取量を増やすと、リスクが劇的に減少する
可能性があるという強い証拠もあります。 繊維サプリメントは同じ効果はないようです。


あなたの大腸癌リスクを軽減することに加えて、これらのライフスタイルの変化は、あなたの全体の
腸の健康を改善し、心臓病、糖尿病、アルツハイマー病および他の形態の癌を含む他の慢性疾患の
リスクを低下させる。


ソース NaturalNews
Common food additives found to trigger colon cancer, study finds





大腸がんの死亡者数は年々増加しています。
男女別、部位別の死亡者数では、男性が3位、女性が1位となっています。

20150428_05.gif
ソース 国立がん研究センター

国立がん研究センターのグラフによると、食品添加物が日本で使われるようになってから、
大腸がん含めその他のがんが増加している事がわかると思います。

乳化剤を含まない食品を食べないという選択はあると思いますが、正直厳しいと思います。
幸いにも今は、腸活ブームですので、様々な情報に触れる事ができます。
やれることからやってみてはいかかですか。
また、日本は発酵の文化を持っています。
味噌汁に納豆に麹に発酵食品を多く摂れたら、更に良いですね。


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ




関連記事
  •   26, 2017 00:06
  •  0

COMMENT 0

Post a comment