食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

ウコンの主成分クルクミンは、アルツハイマー、肝臓、鬱の薬にもなる

  23, 2017 00:07

ginger-1191945__340.jpg

日本のウコンのイメージは、カレーよりお酒を飲む前に飲む、ウコンの力の方が、
印象は強いかもしれません。


インド人は、ガンやアルツハイマー病が少ないと言われています。

注目されていた、ウコンの主成分クルクミンの正体が徐々にわかり始めてきました。
この記事はウコンの素晴らしい効能についてです。


私たちは長い間、ターメリックの健康上の利点の多くを知っていましたが、脳への利点は
比較的新しいです。



特に、ウコンの有効成分であるクルクミンは、アルツハイマー病の有望な治療薬と考えられています。
ベータアミロイド斑と呼ばれるアルツハイマー病患者の脳内に形成されるプラークは、アルツハイマー病の
主要な原因の1つと考えられている。


研究者らは、クルクミンがプラークの形成を最大40%抑制することができることを
発見し、アルツハイマー病の有望な治療法となっています。
研究者らは、クルクミンの抗炎症特性が、炎症および酸化剤によって引き起こされる損傷を
減少させるので、アルツハイマー治療においても役割を果たすことを見出した。



ウコンはうつ病の治療薬としても使用されています。



多くは知らないウコンのもう一つの利点は、肝臓の健康を促進する上で効果的な事です。
ウコンの主要成分であるクルクミンは、100年以上にわたり肝疾患の治療に使われてきましたが、
最近まで正当な科学的研究が行われていませんでした。



研究者は、それが肝臓の健康に非常に有益であるのは、クルクミンの抗炎症および抗酸化作用で
あると考えている。
研究によれば、クルクミンは以下5つによって引き起こされる肝障害を軽減することが示されている

エタノール(あなたが飲むアルコール)
鉄の過剰摂取
肝疾患(胆汁うっ滞など)
高い毒性レベル
肝硬変(肝臓の瘢痕)


クルクミンはまた、肝臓癌を発症するリスクを低減することが判明している。
これは、チオアセトアミドなどの発がん物質が肝臓に及ぼす影響を低減する為。



私たちの体はウコンのクルクミンを吸収するのは難しい。
実際にクルクミンの1%しか吸収することはできません。
ウコンを使用する最良の方法は、95%のクルクミノイドを含む高品質の
認証オーガニックウコン抽出物を購入することです。


それを最大限に活用する方法:クイックレシピ
あなたのクルクミンを得るための素晴らしい方法は、ウコンの水を作ることです。


用意するもの

水1-2カップ
ウコン1/4小さじ

準備

水を沸騰させ4分の一の小さじウコンを加え、10分間沸騰させる。
それを冷やして飲む。

ソース Organic&Helthy
This is what happens to your liver and your brain when you drink boiled turmeric water




かねてから、インド人はガンや、アルツハイマー及び認知症が少ないと言われてきました。
カレーを良く食べているからだという事だけで、ウコンの主成分のクルクミンについては
あまり研究されてきていませんでした。


ようやく、クルクミンの重要性や効能がわかり始めて、今後様々な場面で活躍してくれることを
期待しましょう。


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ


関連記事
  •   23, 2017 00:07
  •  0

COMMENT 0

Post a comment