食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

視力低下、癌及び、他の病気を誘発するアスパルテーム

  21, 2016 23:27

sugar-cube-282534__340.jpg


NaturalNewsより

アスパルテームは、最も人気のある人工甘味料の1つです。
低カロリーなので、ダイエットや無糖食品、無糖飲料などの6000以上の代用品として
使われています。

最も使用されているアスパルテームが、近年論争に直面しています。 より多くの研究がアスパルテームが
重度の健康に影響を与えるという事に、多くの人々が気付きはじめました。、その為、それを回避しようと
ペプシは昨年、アスパルテームを取り除いたのです。

隠された毒
アスパルテームは1980年代に市場に登場して以来、さまざまな健康問題が提起されています。
アスパルテームは、200以上の研究で、最も徹底的に研究している化学物質の一つです。



長年にわたり、90以上の副作用として失明、発作、脳腫瘍を含む癌と、軽度の発疹はアスパルテームの定期的な消費と関連しています。
さらに、それは、線維筋痛症、多発性硬化症、狼瘡、ADD(注意欠陥障害)、糖尿病 、アルツハイマー病、慢性疲労およびうつ病
のような疾患の症状に似てきます。

アスパルテームが体内で処理されると、フェニルアラニン(50%)、アスパラギン酸(40%)、メタノール(10%)に分解されます。

アスパルテームはあなたを盲目にする

アスパルテームは10%のメタノールで構成され、私たちの体はさらにホルムアルデヒドとギ酸に分解します。
これらの化合物は、目の網膜に蓄積し、視神経を破壊し、視力低下や失明を招きます。

さらに、メタノール中毒は、中枢神経系の低下を引き起こし、代謝性アシドーシスおよび昏睡につながる可能性がある。

あなたの脳を混乱させる
フェニルアラニンの過剰量は、必須アミノ酸の脳への輸送を阻止し、ドーパミンおよびセロトニンのレベルの低下に寄与する。
その為、脳に損傷を与え、行動障害を招く恐れがある。

さらに、アスパルテームに存在する別のアミノ酸であるアスパラギン酸が多すぎると、脳細胞の過剰刺激および死を引き起こ
す可能性がある。 それは、カルシウムを細胞に多量に漏出させ、過剰のフリーラジカルを誘発し、ニューロンを損傷して
死滅させる可能性がある。

アスパルテームは脳腫瘍やがんにはならないと、 ハフィントン・ポストが報じました
1996年に、excitotoxicityと呼ばれる神経科学の分野を創設したDr. John OlneyとJames Turner弁護士が、アスパルテームの
承認を中止しようとしました。

悲しいことに、ドナルド・ラムズフェルドとモンサントが合流しました。
モンサントは1985年、アスパルテームに特許を取得したGD Searle社を買収しました。
FDAによるアスパルテームの承認に大きな役割を果たしました。


ソース
http://www.naturalnews.com/055997_aspartame_artificial_sweetener_brain_tumor.html
関連記事
  •   21, 2016 23:27
  •  0

COMMENT 0

Post a comment