食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

ロバート・デ・ニーロとワクチン

  12, 2017 00:07

the-syringe-1291129__340.jpg

映画ゴッドファーザーで有名なロバート・デ・ニーロ。

2016年4月に、ワクチンと自閉症の関連を指摘するドキュメンタリー映画「Vaxxed」がロバートデニーロ主催のトライベッカ映画祭にて上映された。


監督は、1998年、「MMR(はしか、おたふく風邪、風疹の新3種混合ワクチン)の予防接種と自閉症が関連している」
という研究結果を発表したイギリスの元医師アンドルー・ウェークフィールド氏です。


映画 Vaxxedのホームページ



ワクチンを生産してる大手製薬会社が上映禁止にしてしまったので、アメリカでも実際に見た方は少ないと思います。
実はロバートデニーロの息子エリオットさんも自閉症なのです。


1930年代には自閉症とは存在しなかったが、一昔は1万人に一人の割合で自閉症が見つかっていました。
ワクチンを射つ様になってからの現代では、50人に一人が自閉症だとの事です。



このままMMRワクチンを射ち続ければ2032年には2人に1人は自閉症になってしまうとの事である。
この映画内で自閉症患者の数が急上昇するグラフが出て来るが、日本にも米国よりも多い数の被害者が出てる事が分かりました。

ひと昔は、自閉症含めアレルギーやアトピーを患っている人はあまり見かけませんでしたね。
ライフスタイルの変化、食の西洋化、大量の添加物、フッ素、、GMO食品とこの数十年で
食の環境は大きく変わってしまいました。


自閉症は、ワクチンだけではなくこのような有害な食からの原因でもあると感じています。
少しでも被害を少なくする為にも、正しい知識の普及と情報伝達が急がれます。


映画『Vaxxed: From Cover-Up to Catastrophe』予告編




いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。


にほんブログ村



にほんブログ村

関連記事
  •   12, 2017 00:07
  •  0

COMMENT 0

Post a comment