食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

【11月23日】勤労感謝の日の由来、本当の意味を知っていますか?この日はGHQにより改変された新嘗祭の日

  16, 2017 13:18
in-rice-field-2679153__340.jpg

11月23日は勤労感謝の日です。
国民が勤労を尊び、生産を祝い、互いに感謝し合う日とされています。

ほとんどの方が、何も意識せず祝日を過ごしていると思います。

しかし、昔の日本の人々にとってこの日はとても重要な日でした。


それは、その年の作物が不作になってしまうことは、生活に大きな影響を与えてしまうからです。

その為、日本人はお祭りを通して神さまの恵みや五穀豊穣に感謝をささげてきました。

その大切な行事が新嘗祭(にいなめさい)だったのです。

新嘗祭(にいなめさい)とは、稲の収穫を祝い、翌年の豊穣を祈願する祭儀のことです。

新嘗祭を通じて、日本人のアイデンティティが形成されていったとも言えます。


しかし、日本は敗戦しました。
そこでGHQは日本の社会性、民族性、倫理、価値観、愛国心などを徹底的に破壊してきました。

そのひとつが国民の祝日の改変です。

勤労感謝の日は新嘗祭と何も関係ありません。

しかし学校教育やメディアも一切教えてくれません。

本来あるべきものを捻じ曲げて教育されているわけです。

私たちは飽食の時代を生きています。いつでもどこでも食べ物が手に入り、消費期限が過ぎたものは平気で捨てられます。

昔の日本人が見たらこう言うでしょう。 …もったいない。

食べ物に感謝することを忘れた日本人。新嘗祭を忘れた日本人。

あなたが今日食べたものは、あなたのために犠牲になった命です。

「いただきます」は、命を頂くという意味です。

そしてあなたが食べたものであなたは創られます。

今の日本人は何もかも骨抜きにされてしまっています。

祝日を勤労感謝の日から新嘗祭に戻すことによって、本当の日本が取り戻せる。

…そう信じています。


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。


にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ

関連記事
  •   16, 2017 13:18
  •  0

COMMENT 0

Post a comment