食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

チョコレートに含まれるフラバノールは記憶力を向上させ認知機能の低下を防ぐ

  25, 2017 00:05

chocolate-2224998__340.jpg


イタリアの研究者による栄養学のFrontiersに掲載された新しい研究では、チョコレートの多くの利点の1つが明らかになりました。
それは脳のパフォーマンスを高めることができるということです。

この研究では、カカオに含まれているフラバノールが記憶力を改善する可能性が非常に高いことが分かりました。


チョコレートの成分

フラバノールは、フラボノイドの一種です。
フラボノールは、食品中に存在する最も豊富なフラボノイドであり、強力な抗酸化作用を持ちます。
簡単に分類するとポリフェノールの一種が、フラボノイドです。
そのフラボノイドからフラバノールに分類されます。


チョコレートの効能

フラボノイドが脳にプラスの効果を及ぼすことが研究によって示されています。
この研究に基づいて、ココアのようなフラボノイドに富む食品の摂取は、神経変性を制限し、加齢などによる認知障害を予防する可能性があります。


興味深いことに、ココアの脳の利点は高齢者で顕著でした。 実際に、高レベルのフラボノイドをココア飲料は、記憶障害を経験していた方を助けました。
毎日摂取したことで、高齢者の脳機能を改善しました。 これらの人々は注意力、記憶力、処理速度を改善しました。


チョコレートを食べることは、いくつかの方法で体に影響を与えることができます。
血圧のわずかな低下、記憶の改善、消化の促進、心臓の強化、そして食欲の抑制につながります。


ココアは、媚薬の性質を持つフェニルエチルアミンを含んでいます。 チョコレートにはセロトニンとエンドルフィンが含まれています。 それは消化を促進し、気分を落ち着かせる効果があると証明されています。


チョコレートは太りそうと思われていますが、満腹感を持続させることから、食べ過ぎを抑えることができます。
その結果、肥満から防ぎ、長期的には2型糖尿病を予防することができます。


また以外かもしれませんが、糖尿病の発症リスクも抑えられることがわかっています。


最後に

スーパーやコンビニで売られているチョコレートはカカオの含有率が少なかったり、
添加物が入っていたりと、本来のチョコレートの持っている能力の恩恵を受ける事が難しいです。


チョコレートは幸せな気分にしてくれる素晴らしい食べ物です。
美味しいチョコレートを健康的な食べ物として得る為には、カカオの含有率の多いものを選びたいですね。


ソース NaturalNews
Chocolate nutrients known as “flavanols” confirmed yet again to strongly boost brain performance and prevent cognitive decline


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ
関連記事
  •   25, 2017 00:05
  •  0

COMMENT - 0

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。