食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

日光療法は太陽によってガンを治すことができるかもしれない

  17, 2017 00:06
woman-591576__340.jpg

太陽が潜在的に皮膚がんなどを引き起こすと世界中に喧伝しています。
それは、太陽が私たちの病気を予防してくれるということを気づかせないようにするためだとしたらどうでしょうか。


太陽でガンを治すことができる?

著者であるDr. Richard Hobdayは、太陽が多くの病気を予防するというThe Healing Sunという本を書いています。
この本では、太陽が前立腺、乳房、卵巣、結腸などの癌から予防するという内容を書いています。


また太陽は、高血圧、心臓病、糖尿病、乾癬、多発性硬化症、骨粗鬆症、季節性情動障害(SAD)を予防するために働きます。


私は、時々太陽に向かって目をつぶっています。ほんの少しだけ温かさを感じる事ができ、目にも良いということでやっています。
そして何よりビタミンDの生成に太陽は欠かせません。


ガンと日焼け止めとの関係

事実、医師を含めた大多数の人々は、太陽の紫外線が皮膚に対して有毒であり、発癌性でもあり、皮膚や体の健康に有害であると騙されています。


これが多くの人々が化学的に作られた毒性の日焼け止めを皮膚にたくさん塗布する理由です。
日焼け止めは、癌、糖尿病、腎臓障害などを予防するビタミンDを阻害することがわかっています。


多くの商業的に販売されている日焼け止め剤は癌に寄与しています。 これにより、10億ドルの日焼け止め産業と数十億ドルのがん産業が、詐欺による詐欺からの収益を上げています。


日光療法

最初のヨーロッパの "Sun Clinic"は、1903年にスイスのレザンでDr. Auguste Rollierによって開かれました。 彼は日光療法の著者であり、世界的に有名な日光療法者です。 当時彼は36の診療所を開いていていました。


1933年に日光療法で正常に治療された165以上のさまざまな病気がありました。


1954年のDr. Rollierの死は、効果がなかったのではなく、ビックファーマーの「奇跡の薬」に取り替えられてしまい、日光療法の終わりを告げました。


最後に

piazza-1921682__340.jpg

日光浴こそ最高の健康法かもしれません。そしてお金もかかりません。
例えば、ランチやカフェに行くときにはテラス席で食事をしてみたり、コーヒーを楽しんでみたりするとか、散歩に行くとか、太陽にあたれる時間は作れると思います。


私の飼っている猫は、室内飼いですが、太陽が窓際にあたる時間帯はよく日光浴をして気持ちよさそうにしています。
動物なので日光浴が必要だということが本能でわかるんだなと感じるとともに人の本能はどんどん退化しているように感じます。


日光浴、今日から始めましょうか。


ソース Organic&Healthy
What they won't tell you: The sun is a full-spectrum medicine that can heal cancer


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ
関連記事
  •   17, 2017 00:06
  •  0

COMMENT 0

Post a comment