食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

6歳未満の子供が医者によって抗うつ薬を処方されている

  13, 2017 00:08

boy-694763__340.jpg

世界保健機関(WHO)によると2012年の世界のうつ病患者数が3億5千万人と発表しています。
そして、毎年100万人近くの自殺者のうち、うつ病患者の占める割合は半数を超えるとみられています。


うつ病の治療としてあげれるのが、休養、薬物療法、精神療法(カウンセリング)の3つが基本と言われています。
仕事を持っている場合は、薬物療法を選択し働きながら治していくという方もいます。


しかし、それが子供の場合はどうでしょうか。
そして、抗うつ薬を6歳未満の子供に処方したらどうなるでしょうか。


英国の子供のうつ病患者数

英国の18歳未満に処方された抗うつ薬はなんと198,906件にもなります。
そのうち12,756人が7歳から12歳の子供であり、617人は6歳以下でした。


これらの統計は、2015年4月から2016年9月までの期間を対象としていたため、その数字は増えている可能性があります。


過去25年間で、10代の気分障害とうつ病の割合は70%も驚異的に増加しました。
一方日本のうつ病患者は、働き盛りの40代がトップとなっており、全体の19,6%を占めています。


子供のうつ病

子供のうつ病の場合は、ゆっくり休ませるということが大切です。
また、子供の話しを聞くということが必要になります。


子供のうつ病は大人と違って、初期症状として食欲不振、頭痛、腹痛などの風邪のような身体症状が出ます。


風邪のような症状なのでついつい、口調が強くなってしまいます。
学校に行きたくないと言い出すようになった場合は、よく観察をするようにして下さい。
何より対話をすることが重要になります。


子供のうつ病対策

まず心理療法からスタートさせるのが基本です。


英国国立保健医療研究所(NICE)は、18歳未満の子供は、中程度または重度のうつ病の患者のみに抗うつ薬を処方されるべきであると言っています。


5歳から11歳の子供では、心理療法に失敗した場合にのみ、抗うつ薬を投与するべきであるとも言っています。


2009年の、10歳から19歳のオーストラリアの小児において5人の死亡者が抗うつ薬に関連しています。
さらに、9歳未満の小児における89個記録された有害反応は、抗うつ薬と関連していました。


Australian Childhood Foundationのジョー・トゥッチ医師は次のように語っています。
「6歳以下の方には抗うつ薬を投与すべき理由を考えることはできません。」


うつ病を改善させる9つの食品

うつ病の兆候がでているなら、抗うつ薬ではなく下記の食品を多く摂るようにして下さい。


緑茶

アーモンド

サーモン

アボガド

チョコレート

バナナ

ブルーベリー

ほうれん草

アスパラガス


うつ病を改善させる9つの食品より


最後に

子供の時から、抗うつ薬を使用するという選択は非常に怖いと感じています。
抗うつ薬の副作用が、うつ病と言われていますので、できるだけ心理療法で対策していくことが大切です。


厚生労働省の2009年の調査によると、10歳から14歳までの死因第3位に「自殺」が入っています。
親の理解、対話が一番の薬になります。些細な変化も見逃さないようにしましょう。


ソース NaturalNews
SICK: Children under six are being prescribed antidepressants by doctors


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ
関連記事
  •   13, 2017 00:08
  •  0

COMMENT 0

Post a comment