食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

オクラは糖尿病、喘息、貧血、視力を治療する

  17, 2017 00:05
okra-1386365__340.jpg


ネバネバしていていかにも健康に良さそうなオクラは、和名ではアメリカネリと言います。
他の呼び名として陸蓮根(おかれんこん)とも呼ばれます。

アジアのいくつかの地域では「レディーズ・フィンガー(婦人の指)」とも呼ばれます。
エジプトを起源とし、12世紀以来ずっと世界の熱帯または温暖な地域で栽培されてきました。

オクラの旬は7~9月なので、夏バテ対策にもってこいの食品です。


オクラの栄養素

オクラは繊維、ビタミンA、ビタミンCが高く、葉酸が多い。 また、ビタミンB群、亜鉛、カルシウム、ビタミンK、カリウム、鉄、マグネシウム、マンガンが含まれます。


そのうえカロリーも低いのが嬉しいところです。
オクラ100グラムあたり30キロカロリーです。


オクラは、キサンチン、ベータカロチン、ルテインが含まれています。
豊富な植物栄養素と抗酸化物質を持つものは少なく、これらをまとめて摂れる食品です。


オクラの健康的な利点

貧血
赤血球の生成を助け、貧血を予防します。


抗ガン作用
オクラの高抗酸化物質は、有害なフリーラジカルから免疫系を保護します。


喘息
高い抗酸化物質とビタミンCは、喘息発作の軽減に役立ちます。


骨を強化する
オクラの葉酸は、 骨を強化し、骨密度を高め、骨粗鬆症を予防するのに役立ちます。


コレステロール
オクラの繊維はコレステロールを減少させると同時に、アテローム性動脈硬化症
や他の心臓病のリスクを減少させます。


便秘
豊富な繊維と粘り気成分は便秘を予防します。
定期的にオクラを食べることで結腸がんのリスクも低下します。


糖尿病
オクラは血糖値の低下を助けるインスリン特性を持っています。
毎日6-8個の生のオクラを食べ、血糖値が安定するのを見て下さい。


免疫強化
高い抗酸化物質とビタミンCにより、咳や風邪を引くのを抑えます。


妊娠
オクラに含まれる葉酸は、赤ちゃんの神経の欠陥を減らすのに役立ちます。


皮膚の健康
良好な排便によって、皮膚の健康状態が改善されます。 にきび、乾癬などを軽減します。


目の健康
オクラにはベータカロテン、キサンチン、ルテインが含まれています。
これは基本的に視力の健康に役立ち、緑内障や白内障などの問題を予防します。


腎臓病
2005年10月、吉林医学雑誌に掲載された研究では、オクラの定期的な摂取が腎臓疾患の予防に役立つことが分かりました。


オクラで血糖値を下げる方法

オクラを3〜4個取り、端を切ります。そのオクラに水を入れる。
できれば蒸留水を使用してください。


それを室温で一晩放置します。蓋付きのメーソンジャーを使用する。
朝にできたオクラの水を飲む。もちろんオクラも食べることができます。
たったそれだけです。


2〜4週間続ける事によって、血糖値が健康なレベルに低下します。
オクラと水を一晩漬けるわけですから、農薬には気をつけて下さい。


注意点

ほとんどの野菜と並んで、オクラは少量のシュウ酸を持っていますが、通常は体に何の影響も与えません。
以前に腎臓結石があった場合は、オクラの摂取を避けてください。


最後に

オクラは、様々な症状に対応してくれる万能な食品です。
暑さが続くと、体力が落ちそれと同時に気持ちまで、まいってしまうかもしれません。
夏バテを感じたら多くのオクラを食べて下さい。
きっといつもの夏とは違う変化を感じるでしょう。


ソース Organic&Healthy
How To Eat Okra (Lady's Fingers) To Treat Diabetes, Asthma, Anemia and Failing Eyesight!  


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ


関連記事
  •   17, 2017 00:05
  •  0

COMMENT 0

Post a comment