食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

イブプロフェンやナプロキセンなどの鎮痛剤は、1週間以内に心臓発作の危険性を高める

  07, 2017 00:02

medications-257344__340.jpg


イブプロフェンは、多くの市販薬に配合されています。
市販薬の代表がバファリンルナ、ナロンエース、イブクイック頭痛薬などが挙げられます。
ご存知の通り、頭痛薬や風邪薬にも使われている解熱鎮痛剤の事を指します。


CMでも見ない日はないと言っていい程、放送されています。
手軽に服用できる事から、飲んでいる方も多いと思います。


確かに即効性が高い薬ですがそれ以上に副作用には注意が必要です。
なんと、服用することで、心臓発作の確率が劇的に上昇する事がわかりました。
その研究内容を見てみましょう。


British Medicine Journalに掲載された最近の研究では、最も一般的に処方されている非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)のいくつかは、鎮痛剤として知られています。


しかし高用量に服用された場合は1週間以内に心臓発作の可能性が大幅に上昇する可能性があります。
この研究を実施するために、研究者チームは、カナダ、フィンランド、英国などのさまざまな医療データベースを共同出資し、総人口は約44万7,000人になりました。 これらの患者の61,000人以上が心臓発作を起こしました。


研究チームは、全鎮痛剤の90%以上が心臓発作のリスク上昇に結びついていることを発見しました。
また健康専門家は、心臓発作の全体的なリスクは、非利用者と比較してNSAIDユーザーの方が20〜50%高いことを見出しました。


専門家はまた、特定の薬物間でリスクが大きく異なることに注目した。 研究チームによると、イブプロフェンとナプロキセンの併用は心臓発作のリスクが75%高かったのに対し、ロフェコキシブは100%以上の疾患の罹患率上昇と結びついていた。


研究チームは、心臓発作のリスク上昇は1週間以内に始まり、より長い使用とより高い用量で持続することを指摘した。


心臓発作のリスク

以前の研究では、 鎮痛剤が心臓発作の確率を上昇させる可能性があることが既に明らかになっています。
ブリティッシュ・メディカルジャーナルに掲載された分析によれば、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)は心臓発作、脳卒中、その後の死亡のリスクを高める。


メタアナリシスの一環として、ベルン大学のチーム研究者らは31の臨床試験を分析し、総人口は116,000人を超えました。
この分析によれば、ロフェコキシブとルミラコキシブを服用した患者は、プラセボを服用した患者と比較して心臓発作を訴える確率が2倍であった。


研究者らは、イブプロフェンが脳卒中の3倍の発症率と関連していることも発見した。
さらに、エトリコキシブとジクロフェナクを服用した患者は、心臓発作または脳卒中で死亡する可能性が最大4倍であることを専門家は指摘した。


European Heart Journalに掲載された別の研究では、一般的に使用される鎮痛剤が心停止の可能性の増加と関連していることが示された。 コペンハーゲン大学の研究者チームによると、イブプロフェンは心停止の確率を31%上昇させる可能性がある。
専門家はまた、ジクロフェナクは心停止のリスクが50%高いことに結びついていると指摘した。


2015年に米国食品医薬品局 (FDA)は、鎮痛剤の使用に対する強力な警告ラベルを発行した。
FDAによると、 心臓発作のリスクは、病状の既往がない人でも、早くて1週間で起こる可能性があります。


ソース NaturalNews
Common painkillers such as ibuprofen and naproxen found to raise the risk of a heart attack within a week of use



アスピリンが心臓発作のリスクを190%増加させる という記事の中でも心臓発作について書いていますので合わせてお読み下さい。


日本人の死亡原因の第2位が心疾患となっています。
イブプロフェンやアスピリンが手軽に服用できることが、少くなからず原因となっていること考えられます。


軽度の頭痛や風邪などは、薬を飲まなくても十分対応できます。
例えば頭痛であれば、ローズマリーエッセンシャルオイルを使用したり、風邪であればオレガノオイルやハチミツを使用したりと選択肢はたくさんあります。


薬は副作用がつきものですが、自然療法は副作用の心配は少ないです。
薬を飲まずに病気を治す。これが一番の理想です。


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ


関連記事
  •   07, 2017 00:02
  •  0

COMMENT - 0

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。