食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

スポンサーサイト

  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  •   --, -- --:--

ソーダはあなたの骨を内部から破壊する

  12, 2017 00:03
supermarket-1229744__340_mini_mini_mini.jpg


気温が上がり、汗ばむ季節が近づくにつれて飲みたくなるのが炭酸飲料です。
コカ・コーラやサイダーが欠かせない方も多いんじゃないでしょうか。


これらの炭酸飲料には、角砂糖が多く使用されています。
コカ・コーラは角砂糖10個程入っていると言われています。


しかし、炭酸が入っている事でさほど甘味は感じられません。
炭酸の抜けたコカ・コーラは美味しくありませんよね。


これらの炭酸飲料を飲む事は健康に大きく有害である事は、頭の片隅では
誰もが理解していると思いますが、その清涼感からつい誘惑に負けてしまう事でしょう。


今回は炭酸飲料を飲む事でどのような弊害があるのかを5つ見ていきます。

最近の統計では、毎日摂取するソーダは25%増加したとの報告があります。
アメリカで販売されている飲物の25%はソーダです。
アメリカ人は2000年に、年齢に関係なく誰もが1日に15ガロン(約55ℓ)購入しました。
それだけで衝撃的な事実です。


過剰なソーダ消費は関連したいくつかの健康上の問題があります


骨粗鬆症
カフェインとリン酸は多くのソーダ飲料に含まれており、骨粗鬆症に直接リンクしています。
Framingham骨粗鬆症研究では、2006年に1,125人の男性と1,413人の女性の骨密度(BMD)を調べました。
この研究では、過度に定期的にコーラを消費すると、女性の腰の骨密度が大幅に低下しました。

多くの研究は、必要なカルシウム吸収を阻害するリンの危険な量によって骨の損失が直接引き起こされると結論づけています。 多くの専門家がリン酸を指しており、骨がカルシウムを漏出させ、必要な栄養素を排出させます。

別の研究では、330mgのカフェイン、または4カップのコーヒーを消費すると、骨が失われる可能性があることが分かりました。
カフェインは、尿から失われるカルシウム吸収を中断します。

このため、骨粗しょう症、クローン病のようなカルシウム障害、および50歳以上の人々を予防するためには、清涼飲料水を避ける必要があります。


肥満
ソーダは、私たちのホルモン、身体機能を中断させ、肥満を引き起こす偽糖を運ぶので、体重を増やします。
ダイエットソーダは、他のソーダで見られる人工甘味料の10倍もあるので、さらに危険です。


肝障害
肝硬変の危険性が高まり、アルコール依存症に影響することが判明したため、ソーダ消費量が多すぎると肝臓損傷につながる恐れがあります。


虫歯
ソーダは長期的に私たちのエナメルを侵食し、口臭と虫歯を引き起こします。 酸性成分が多いと、その化学組成だけでも、人気のあるキャンディーより歯の健康に危険が生じます。


腎臓結石や慢性腎疾患
尿路に害を与えるリン酸で満たされていると、ソーダは腎臓にダメージを与える可能性があります。
あなたの腎臓がそれを処理できないほど砂糖の蓄積があると、腎臓結石ができます。
12オンス缶のカフェインソーダを消費すると、腎臓結石の可能性が15%上昇する可能性があります。


ソース Organic&Healthy
This Drink Will Destroy Your Bones From The Inside But Everyone Drinks It



炭酸飲料は砂糖が多く含まれていますが、自動販売機で売られている缶ジュースも多く砂糖が含まれています。
缶コーヒーなどに表記されている、微糖や低糖や甘さ控えめの記載は、糖類が100mlあたり2.5g未満の飲料製品に対して表示してよいことになっています。


角砂糖一つが約3グラムとしたら、決して微糖とは言えないですよね。
通常の缶コーヒーに至っては角砂糖が5つ入っていたりします。


また、カロリーゼロやダイエット飲料の成分表示を見ると、異性化糖(果糖ブドウ糖液糖)、コーンシロップなどが記載されている事が多いです。


これらは、遺伝子組み換えトウモロコシを使っているものが含まれていますので注意が必要です。
また人口甘味料のアスパルテームやスクラロース、アセスルファムカリウムと危険な添加物が多く含まれています。


朝日新聞ではダイエット飲料で脳卒中・認知症のリスク3倍にという記事を書いています。

人工甘味料入りのダイエット飲料を飲む習慣がある人は、飲まない人より脳卒中や認知症に約3倍なりやすい――、こんな分析結果を米ボストン大などの研究チームが20日付の米心臓協会の専門誌に発表した。

性別や喫煙習慣、遺伝などが発症に与える影響を差し引くと、人工甘味料入りのダイエット飲料を1日1回以上飲んでいた人は全く飲まない人より約3倍、それぞれ脳卒中や認知症になる確率が高かった。
砂糖入り飲料を飲んでいる人では、目立った影響は見られなかったという。



私たちの生活はますます便利になり、いつでも自動販売機のボタンを押せば好きなジュースを買えます。
その反面、消費期限を長くする為には、保存料などの添加物は致し方ありません。


利便性と健康が天秤にかけられている状況です。添加物を全て避ける事はできません。
こればかりは上手く付き合っていくしかありませんね。


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ


関連記事
  •   12, 2017 00:03
  •  0

COMMENT - 0

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。