食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

ブロッコリーが糖尿病の症状を軽減すると科学者が明らかにした!

  26, 2017 00:06

vegetables-673181__340_mini_mini_mini_mini.jpg

厚生労働省の、2013年人口動態統計(概数)の結果は、糖尿病や高血圧症が深く関わる心疾患や脳血管疾患で亡くなる人の数は年々増えています。

糖尿病が原因の死亡数は1万3,783人で、実際には、糖尿病(高血糖)や高血圧が悪影響をもたらし、心疾患や脳血管疾患が進展するケースが多い。

人口10万人に対する糖尿病による死亡率を都道府県別にみると、徳島県が17.6人と、全国平均の11.0人を大きく上回り、6年連続で全国ワースト1位だったことが明らかになりました。

徳島県の糖尿病死亡率は、1993年から去年までの20年間で、ワースト1位を脱したのは2007年の1度だけ。
ワースト2位は香川県の17.4人、3位福島県の16.1人でした。

参考 糖尿病ネットワーク

気になるところは四国地方で、徳島県と香川県の2県がワーストになっている事です。
原因として推測されることは後述しますが、まずは、対策方法をみていきましょう。

糖尿病はアメリカ人にとって大きな健康上の懸念事項です。
体に重大なストレスを与える可能性がありますが、幸いにも、新しい研究はブロッコリーが糖尿病の症状を軽減するのを助けることができることを示しています!


ヨーロッパ系の人々の5%が、1型または2型の糖尿病で苦しんでいます。。

この特定の治療は、2型糖尿病に罹患している患者に有効であることが判明した。

アメリカの医師アンダーソン博士はブロッコリーの食生活に21日間実行する事を推奨しています。

1. 毎朝ブロッコリー300~500グラムと水1リットルを一緒に入れる。5分間沸騰させる。

2. その日の朝の空腹時にこの煮汁の半分を飲む。

3. 夕方に煮汁の残り半分を飲むようにしてください。

4. あなたの昼食の一環としてブロッコリーを(シナモン小さじ一杯と一緒に)食べる。


ソース Organic&Healthy
Scientist Reveal That Broccoli Can Help Reverse Diabetes Damage!



極力、無農薬や有機なブロッコリーを使用をおススメ致します。
糖尿病に関しては、わずか5日間で糖尿病を治すミラクルドリンクという記事で対策方法を書いていますので合わせて試してみて下さい。


糖尿病のワースト県になる原因として考えられるひとつがうどんです。

“うどん県”をアピールする香川県は、糖尿病による死亡者数が全国3位、患者数を示す受療率は同2位と“糖尿病ワースト県”としても知られる。
医療関係者は「うどんとおにぎりなど『炭水化物の重ね食べ』に加え、うどんの過剰摂取、早食いという県民の食習慣にあるのでは」と指摘。

ソース 産経WEST 2016.11.14 05:30更新  糖尿病ワースト3位・香川県、原因はやはりうどん? 
     炭水化物重ね食べ、早食い…県民の食習慣に“待った”



一方の徳島県ではお米をよく食べる上に砂糖の摂取が全国でトップクラスにあります。
ご飯に砂糖をかけて食べている地域もあったりと、甘いものが好きな県民性です。


実は徳島県にはお隣のうどん県にも負けないほど、うどんが美味しいお店がたくさんあったりします。
また、ラーメンもたくさんの名店があります。例えば名店の中華そばいのたに本店中華そば東大などの徳島ラーメンは、共通点として生卵がトッピングされています。


ラーメン東大に至っては、生卵はいくつ食べても無料です。必然的に卵かけごはんという誘惑がつきまといます。このごはんとたまごの最高の組み合わせを断る自信は私にはありません。
炭水化物という魔物にやられる理由がよくわかります。


私はいのたにも東大も両方食べましたが、甲乙つけがたいです。東大の方は手広く多店舗展開しているので、大阪や兵庫でも食べれます。しかし、いのたには徳島県でしか味わえないので、徳島まで足を運ぶ必要があります。


味の話しは置いておいて、個人的にはチェーン店のような全国どこにでもあるようなお店よりは、地域密着で、地元に愛されるようなお店の方が、店主の熱意や想いを感じれるので、好感を持ちます。またコミュニティ形成の役割を果たしたりするので、地域活性化にもつながります。


糖尿病の原因としては、複合的なものが多いので決めつけるのは難しいですが、対策の一環として試してみて下さい。

いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ



関連記事
  •   26, 2017 00:06
  •  0

COMMENT 0

Post a comment