食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

鴻雁北(こうがんかえる)楤芽と蛍烏賊

  10, 2017 00:05

vulture-1210309__340_mini.jpg

七十二候 鴻雁北(こうがんかえる)
4月9日から4月13日頃

雁(ガン、かり)が北へ帰っていく頃。


旬な食べ物

楤芽(たらのめ)
タラの芽はウコギ科のタラノキの新芽の事で、この新芽の部分を山菜として食用とします。
ほのかな苦みや、もっちりした食感が春を伝える食材として人気があり、山菜の王様とも言われています。


蛍烏賊(ほたるいか)
蛍烏賊は日本近海では日本海全域と太平洋側の一部に分布しており、特に滑川市を中心とする富山県と兵庫県で
多く水揚げされている。ホタルイカというと、富山湾をイメージする人は多いが、漁獲量は兵庫県の
浜坂漁港が日本一。


富山県では古くから食用とされ、佃煮、酢味噌和え、沖漬け、素干し、天ぷら、唐揚げ、足だけを刺身に
した竜宮そうめんなどがある。
古くより食されてきた食材だが、地元では決して生では食べなかった。
まんが『美味しんぼ』第37巻収録の「生きた宝石」で、ホタルイカについて生きたまま食べる描写
(ホタルイカの踊り食い)がなされている。



【美味しんぼ】
私が小学生だった頃でしょうか、親の本棚には美味しんぼの本が並んでいました。
内容もよくわからず、読んでいた記憶があります。
そして、大人になった時に読み返したいなと思い、100巻ほどまとめて購入しました。


何年かぶりに読んだ美味しんぼは、改めて食の世界というのはとても奧が深いものなんだなと
たくさんの気づきを得る事ができました。


実は本の中には、数々の料理店が登場する中で実際に今も尚、実在するお店があったりします。
その実在するお店に行き、美味しんぼの世界を体験したいなと思いました。


特に印象に残っているのは、京都の南禅寺の近くにある瓢亭(ひょうてい)です。
ミシュランガイドでも3つ星をとり、江戸時代より続く、日本を代表する老舗料亭の一つです。
瓢亭の名物が『朝がゆ』です。そして瓢亭たまごも有名です。
歴史あるお店でいただく朝ごはんはとても心を豊かにしてくれます。
美味しんぼがとりあげる理由がよくわかりました。


そして同じく京都の北大路にお店を構える、1916年創業の生菓子の老舗の嘯月(しょうげつ)です。
口に入れた瞬間に感じた事は、とても繊細な味で、とても丁寧に作られているなという印象でした。
味は、今まで食べた和菓子の中で、一番美味しいと感じてます。

また、東京の茗荷谷に店を構える和菓子の名店、一幸庵(いっこうあん)も大好きですね。
こちらも、美味しんぼに取り上げられてもおかしくないくらい、美味しいですよ。
まだまだ、行けていないお店も多いですが、時間を見つけて行くようにしています。


旅行などで目的地に、これらの料理店を予定に入れてもおもしろいかもしれません。
ぜひお近くの、美味しんぼに載ったお店に足を運んでみて下さい。


二十四節気(にじゅうしせっき)
七十二候(しちじゅうにこう)とは…

二十四節気は、一年を春・夏・秋・冬の季節に分け、それぞれをさらに6分割した24の期間に名前をつけたものです。
これをさらに約5日おきに分けて、気象の動きや動植物の変化を知らせるのが七十二候(しちじゅうにこう)です。
現在でも季節の節目を示す言葉として使われています。


【二十四節気と七十二候を取り上げる想い】
季節を感じ自然のリズムに寄り添い、生きてきた先人たち。
巡りくる季節や、旬な食に感謝して、支え合ってきた先人たち。


現代では、冷凍技術の発達により、旬な食べ物がいつでも食べれるようになり、
配送システムのおかげで、世界中の食が食べれるようになりました。


スーパーマーケットに行けば、季節に関係なく、主要な野菜や魚は買えます。
しかし、実態はハウス栽培や工場栽培で作られた旬とは言えない食べ物です。


自然のリズムに寄り添う旧暦のある暮らしを見直すことによって、人々が忘れてしまっ
ている、自然や食への感謝を思い出してほしいと思っています。


季節の移ろいを肌で感じ楽しんでみて下さい。季節を感じて生きる事は、
心や体が豊かになっていきます。


かつてアインシュタインが言いました。
世界の文化はアジアに始まって、アジアに帰る。
それはアジアの高峰、日本に立ち戻らねばならない。
吾々は神に感謝する、吾々に日本という尊い国を、作って置いてくれたことを。


先人たちが築いてきた古き良き知恵を、次の世代に繋げれるように、より多くの方が
自然に感謝するという気持ちを忘れないように願っています。


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ



関連記事
  •   10, 2017 00:05
  •  0

COMMENT 0

Post a comment