食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Take a look at this

低脂肪牛乳には20種類の毒性成分が含まれています

  04, 2017 00:07
drink-1818550__340_mini.jpg

牛乳にはカルシウムが多く含まれ、完全食品なので健康に良いと長い間、聞かされています。
しかし長年、牛乳は体に良いという公式が出来上がってしまった為、牛乳は体に悪いという疑いを持ちません。


学校の給食の定番でもある牛乳は、成長期の子供にとっては、避けた方がよい飲み物です。
勿論、大人も同じことが言えます。それでは、どのような理由があるのか見ていきましょう。

低脂肪牛乳には20種類の毒性成分が含まれています。
ハーバードの科学者は牛乳を飲み続けてはいけないと言います。


実際に牛乳は体に良いですか?
1つの研究は、それが有毒成分がたくさん含まれている事を示唆しており、常に避けるべきである。


ハーバードの小児科医、専門医のDavid Ludwigは、ほとんどの牛乳の余分な甘味料は、実際には健康でないことを意味しています。

これは特に失われた風味を置き換えるためにさらに多くの砂糖を加えた低脂肪牛乳に当てはまります。


また、「正常な」牛乳(低脂肪品種を含む)には、20を超える抗毒素、鎮痛剤、および他の有毒で危険な成分が含まれていることが判明しています。


牛乳からカルシウムを得る代わりに、下記の10個のカルシウムが豊富な食品を摂る事を考慮してください


1. アーモンド

2. チンゲン菜

3. ブロッコリ

4. コラードグリーン

5. えだまめ

6. いちじく

7. ケール

8. オレンジ

9. サーモン

10. イワシ



しかしながら、牛乳を飲まなければならない場合は、アーモンドまたはココナツ・ミルクを考慮してください。
それが有機で添加物がないことを確かめてください。


ソース Organic&Helthy
Low-Fat Milk Contains 20 Toxic Ingredients, Harvard Scientist Says You Should NEVER Drink It



牛乳有害説は、少しずつ認知されてきたように感じます。
牛乳有害説がある程度、広がっていくと今度は、牛乳無害説というものが登場してきます。

そして、ネット検索で調べると、【牛乳有害説と無害説、どちらが本当】というようなキーワードが出てきます。

こうなってくると、情報弱者はどちらが事実かわからなくなってしまいます。


そして、牛乳有害説と牛乳無害説との不毛な議論が繰り広げられ、お互いが疲弊していきます。
これが本当の狙いなのですね。このような事が、様々な場面で見られます。


善と悪、精神と物体、右翼と左翼などの、二元論の思考が我々を迷宮の入口へと誘導してしまいます。
情報爆発時代に突入していく今後は、更に混乱を極め、自分の方向感覚さえ掴めなくなるかもしれません。


逆に大量の情報を、適切に扱う事ができたら、怖れるものはありません。

自分を信じれますか…?


追記:牛乳有害説を新しいブログの方で更に細かく解説しています。

結論としては、牛乳は有害ですが、実は生乳は体に良い完全食品ということを深く掘り下げています。

是非ご覧下さい。

牛乳や低脂肪牛乳は毒性があり危険で有害です。しかし生乳は健康に良い完全食品

https://naturaltaomedical.com/2017/08/milk/


いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。



にほんブログ村



代替療法 ブログランキングへ


関連記事
  •   04, 2017 00:07
  •  0

COMMENT 0

Post a comment