食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Here's my archive page

archive: 2017年11月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)白菜と魳

七十二候 朔風払葉(きたかぜこのはをはらう)(二十四節季 小雪 次候)11月27日から12月1日頃。凍える北風が木々の葉を払い落とす頃。...

  •  0
  •  -

虹蔵不見(にじかくれてみえず)椎茸と九会

二十四節季 小雪(しょうせつ)11月23日頃および大雪までの期間。太陽黄径240度。立冬から数えて15日目ごろ。 北国から雪の便りが届く頃ですが、まだ本格的な冬の訪れではありません。雪といってもさほど多くないことから、小雪といわれたものだそうです。陽射しが弱くなり、紅葉が散り始める頃。いちょうや柑橘類は黄色く色づいてきます。次第に冷え込みが厳しくなってきますので、冬の備えは整えておきましょう。お歳暮の準備を...

  •  0
  •  -

【11月23日】勤労感謝の日の由来、本当の意味を知っていますか?この日はGHQにより改変された新嘗祭の日

11月23日は勤労感謝の日です。国民が勤労を尊び、生産を祝い、互いに感謝し合う日とされています。ほとんどの方が、何も意識せず祝日を過ごしていると思います。しかし、昔の日本の人々にとってこの日はとても重要な日でした。...

  •  0
  •  -

金盞香(きんせんかさく)小松菜と蓮根

七十二候 金盞香(きんせんかさく)(二十四節季 立冬 末候)11月17日から11月21日頃。水仙の花が咲くころ。...

  •  0
  •  -

地始凍(ちはじめてこおる)鮃と頭矮蟹

七十二候 地始凍(ちはじめてこおる)(二十四節季 立冬 次候)11月12日から11月16日頃。大地が凍り始める頃。...

  •  0
  •  -

山茶始開(つばきはじめてひらく)温州蜜柑と牡蠣

二十四節季 立冬(りっとう)11月8日頃。および小雪までの期間。太陽黄径225度。霜降から数えて15日目頃。 立冬とは、冬の始まりのこと。「立」には新しい季節になるという意味があり、立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。 ※これらを四立(しりゅう)といいます。朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、冬が近いことを感じさせる頃。木枯らし1号や初雪の便りも届き始めます。立冬を過ぎると、初霜が降りて冬の佇...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。