食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Here's my archive page

archive: 2017年10月  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

楓蔦黄(もみじつたきばむ)鮍と銀杏

七十二候 楓蔦黄(もみじつたきばむ)(二十四節季 霜降 末候)11月2日から11月6日頃。紅葉が鮮やかに染まる頃。...

  •  0
  •  -

霎時施(こさめときどきふる)喜知次と新蕎麦

七十二候 霎時施(こさめときどきふる)(二十四節季 霜降 次候)10月28日から11月1日頃。雨が時々降るようになる頃。季節もいよいよ冬の準備を始めます。...

  •  0
  •  -

霜始降(しもはじめてふる)落花生と薩摩芋

二十四節季 霜降(そうこう)10月23日頃。および立冬までの期間。太陽黄径210度。寒露から数えて15日目頃。 秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃。朝晩の冷え込みが厳しくなり、日が短くなったことを実感できます。初霜の知らせが聞かれるのも大体この頃で、山は紅葉で彩られます。 コートや暖房器具の準備など、この頃から冬支度を始めます。読書や編み物をしたりして、秋の夜長を楽しむのもいいですね。日本の行事・暦より引用...

  •  0
  •  -

蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)花梨と鯖

七十二候 蟋蟀在戸(きりぎりすとにあり)(二十四節季 寒露 末候)10月18日から10月22日頃。家のすぐそばできりぎりすが鳴く頃。...

  •  0
  •  -

菊花開(きくのはなひらく)零余子と栗

七十二候 菊花開(きくのはなひらく)(二十四節気 寒露 次候)10月13日から10月17日頃。菊の花が咲き始める頃。...

  •  0
  •  -

鴻雁来(こうがんきたる)柳葉魚と湿地

二十四節気 寒露(かんろ)10月8日頃。および霜降までの期間。太陽黄径195度。秋分から数えて15日目ごろ。寒露とは、晩夏から初秋にかけて野草に宿る冷たい露のこと。 秋の長雨が終わり、本格的な秋の始まりになります。この頃になると五穀の収穫もたけなわで、農家では繁忙を極めます。露が冷たい空気と接し、霜に変わる直前で、紅葉が濃くなり、燕などの夏鳥と雁などの冬鳥が交代される時期でもあります。この頃は、大気の状態が...

  •  0
  •  -

種子法廃止で日本の食卓が汚染される。

2017年3月に種子法廃止がこっそりと可決されました。日本の食卓が大きく変わってしまう危険な扉をとうとう開けてしまいました。医食同源は食で病気を治すことを言いますが、その食が汚染してしまったら食べれば食べるほど病気になってしまいます。...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。