食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Here's my archive page

archive: 2017年06月  1/3

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

半夏生(はんげしょうず)蛸と鱧

七十二候 半夏生(はんげしょうず)7月1日から7月6日頃。半夏(からすびしゃく)が、生え始まる頃。今年も半分が過ぎ、いよいよ後半戦が始まる境目でもあります。忙しい農作業も落ち着きます。...

  •  0
  •  -

神経毒として働く農薬の危険性

「当店では国産の食材を使用しています」と国産をアピールしている飲食店は多いと思います。国産だから安心というのは、何も知らないから言えるのです。OECDの調査によれば、単位面積あたりの農薬使用量は日本と韓国がダントツの一位です。日本が農薬大国というのは、大多数の日本人が知らない事実です。...

  •  0
  •  -

シナモンとシナモンオイルの優れた健康上の利点

 シナモンは、別名ニッキとも言い、生薬として用いられるときには桂皮(ケイヒ)と呼ばれています。中国の医学誌はシナモンを使用した治療法が紀元前2,800年頃からあったと記録しています。シナモンはインドのアーユルヴェーダでも使用されています。 独特な香りと味のシナモンは、はるか昔から愛されてきました。...

  •  0
  •  -

菖蒲華(あやめはなさく)勘八と蕃茄

七十二候 菖蒲華(あやめはなさく)6月26日から6月30日頃梅雨の到来とともにあやめが咲きます。...

  •  0
  •  -

コーヒーを飲むことで肝臓がんのリスクを軽減できる

朝、コーヒーの香りで目覚めるというのはとても贅沢な日常なんじゃないでしょうか。コーヒーの香りには人を癒す不思議な魅力があります。最近の研究では多くのコーヒーを飲むことは、肝臓がんの発症リスクが低下する可能性があることが明らかになりました。...

  •  0
  •  -

とまとが胃がんを治療する

とまとは、私たちにとってとても身近で手軽に買える栄養価の高い野菜です。料理もバリエーション豊かに調理でき、私もかなりの頻度で利用しています。とまとはビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB3、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンKを含み、カリウム、マンガン、銅、マグネシウムのようなミネラル源になります。 さらに、強力な抗酸化物質であるリコピンも含まれており、骨の形成にも役立ちます。抗酸化物質の代名詞と言っても過言...

  •  0
  •  -

抗うつ薬は脳に重要な3つの栄養素を欠乏させる

厚生労働省平成26年患者調査によると、国内で医療機関を受診している患者数が2014年では116万6千人を超えました。これは15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性がある計算になります。この数字はあくまでも医療機関にかかっている人数になりますので、潜在的な患者数というのははかりしれません。いつどういうきっかけでうつになるか誰もがわからない時代となりました。うつ病の治療としてあげれるのが、休養、薬物療法、精...

  •  0
  •  -

生姜と唐辛子の組み合わせがガンから身を守る

ガンを予防すると言われている食べ物はたくさんあります。食習慣や生活習慣の因果によりできた病気は、食習慣と生活習慣を見直すことにより大幅に改善できます。しかし、現代の西洋医療の考え方では、病気になったら薬を飲むことで治していくのが一般的です。風邪を引いたら仕事に支障をきたすので一日でも早く治したいという心理がはたらくのは当然ですよね。風邪ならともかく、重い病気になったら、薬のスパイラルから抜け出せな...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。