食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Here's my archive page

archive: 2017年03月  1/4

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)独活と桜鯛

七十二候 雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)3月30日から4月3日頃春の訪れを告げる雷が鳴り始める。2月4日の立春後に初めて鳴る雷を初雷と呼び、春に鳴る雷を春雷と呼びます。...

  •  0
  •  -

重曹とレモンの組み合わせは、どの化学療法より強い

重曹は、料理や掃除、入浴剤、医薬品としても利用される万能な物質です。おそらく、一度や二度使用されたことがあるかもしれません。また、健康法に詳しい方は、重曹が癌に有効というような話を知っていると思います。重曹は可能性の塊です。そして癌対策のひとつとして参考にしてみて下さい。それでは、重曹の新しい療法を見てみましょう。...

  •  0
  •  -

わずか2年で9000件もの研究が行われているビタミンDの重要な役割

ビタミンDは、脂溶性ビタミンのひとつです。そしてビタミンDは、植物由来のビタミンD2と動物由来のビタミンD3があります。ビタミンDの主な働きは、カルシウムやリンの吸収促進、骨の形成と成長促進です。ウコンの研究が、注目を浴びている中、ビタミンDも負けていません。今ではウコン以上です。わずか2年でかなりの注目を浴びている栄養素でもあります。ビタミンDの潜在的な能力は、これから開花するに違いありません。現段階の...

  •  0
  •  -

癌はわずか42時間で消滅するでしょう。このジュースは5万人以上を癒しました

ビーツは、ビートルート、レッドビート、ガーデンビート、テーブルビート、またはカエンサイ(火焔菜)とも呼ばれています。 肥大した根は深い赤紫色で、アブラナ科のカブに似ているため「赤蕪」と呼ばれることがあり、19世紀には英語で「血蕪」(blood turnip)と呼ばれたこともあるが、ビートはアカザ科なのでカブの近縁種ではない。東欧、西アジア、北アフリカ、南北アメリカなどで盛んに栽培されている。日本への渡来は江戸時...

  •  0
  •  -

桜始開(さくらはじめてひらく)竜髭菜と桜餅

七十二候  桜始開(さくらはじめてひらく)3月25日から3月29日頃桜の花が咲き始める頃。いよいよお花見の季節の到来ですね。桜開花の600度の法則2月1日以降の毎日の最高気温を足し上げ、その累計値が600度を超えた日に桜が開花する。とする法則です。奈良県の吉野山の桜は、山全体がピンク色に染まる世界遺産にも指定された霊場です。春には約三万本と言う世界に類を見ない規模のヤマザクラが咲き誇り、その光景は古来より「千本...

  •  0
  •  -

子供達にホットドッグを食べさせないで下さい! 医者はこの危険な食品に対して警告する

世界保健機関(WHO)の専門組織、国際がん研究機関(IARC)は、ハムやソーセージなどの加工肉を「人に対し発がん性がある」物質に指定した。赤肉も「恐らく発がん性がある」に分類した。加工肉の摂取量が多いほどがんを患う危険性が高いとしており、過剰な食肉摂取のリスクに異例の警告を発した。日本経済新聞 加工肉「発がん性ある」 WHO、過剰摂取に警告 ホットドックのソ-セージやハムなどの加工肉には亜硝酸塩...

  •  0
  •  -

一晩中水にアーモンドを浸した時に起こる7つの驚きの利点

アーモンドの原産はアジア西南部。現在では南ヨーロッパ、アメリカ合衆国、オーストラリアなどで栽培されており、アメリカ合衆国のカリフォルニア州が最大の産地である。日本では小豆島などで栽培されている。アーモンドをお店で購入したら、そのまま食べるのが一般的です。アーモンドを、一晩水に浸して食べるてみると様々な恩恵を受ける事ができるかもしれません。それでは、その効能を7つ見てみましょう。...

  •  0
  •  -

パイナップルを多く食べる16の理由

パイナップルは、熱帯アメリカ原産のパイナップル科の多年草。単にパインと略して呼ばれることもあるほか、和名は鳳梨(ほうり)である。また、果実だけをパイナップルと呼び、植物としてはアナナスと呼ぶこともある。一年中、スーパーなどで購入できるパイナップルですが、いつでも手に入るものは意外と食べないんじゃないでしょうか。そして、食べない理由は本当のパイナップルのすごさを知らないからだと思います。パイナップル...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。