食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

Here's my archive page

archive: 2017年01月  1/4

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)金柑とメヒカリ

七十二候 鶏始乳(にわとりはじめてにゅうす)1月30日から2月3日頃気温は、まだまだ低いが日は長くなり、鶏が卵を産み始める。節分 2月3日節分は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。一般的には「福は内、鬼は外」と声を出しながら福豆(煎り大豆)を撒いて、年齢の数だけ豆を食べる厄除けを行う。豆は、「穀物には生命力と魔除けの...

  •  0
  •  -

抗生物質はもうやめませんか。体に優しい10個の天然抗生物質

抗生物質を飲む際の注意点は、副作用がどうなのか。副作用は、同じ抗生物質を処方されても症状は十人十色です。最も多い副作用としは、下痢があげられますが、もっと恐いのは耐性菌ができてしまう事じゃないでしょうか。そうすると、抗生物質を飲んでも効かなく、更に強い抗生物質を処方される。耐性菌と抗生物質の果てしない、いたちごっこが始まってしまいます。その行先は、誰もが想像つく世界だと思います。体に負担をかけずに...

  •  0
  •  -

胃潰瘍を治癒させ、肝臓を解毒する身近な野菜とは

胃潰瘍を治癒させ、肝臓を解毒する身近な野菜とは,実はキャベツです。日本では、戦後の洋食文化と共に急速に食べられるようになったそうです。今では様々な用途で欠かせない野菜の一つになっています。トンカツのお隣のポジションには、堂々たる存在感を発揮し、ソース二度漬け禁止の串カツ店では、キャベツがソースをすくうスプーンのような役割し、サラダにしても、抜群の安定感です。しかも、スーパーでは、ほぼオールシーズン...

  •  0
  •  -

7000以上の研究が行われているウコンの潜在能力

前回、ウコンの主成分クルクミンは、アルツハイマー、肝臓、鬱の薬にもなるという記事を書きました。そこでは、ウコンに含まれているクルクミンがアルツハイマーや肝臓、鬱に有効であるということでした。そして、この魅惑のある成分に今、研究者達は憑りつかれているようです。その研究の数は、7000以上にものぼります。それでは、研究者たちを虜にしてしまうウコンの能力を見てみましょう。...

  •  0
  •  -

急激に増えている大腸がんと乳化剤の関係

画像ソース  natural news乳化剤という添加物をご存知ですか?簡単に言うと、水と油は混ざりにくい為、その性質を変えて均一に混ざりやすくする食品添加物の事。もし、知らないのであればキッチンに行って適当な食品を手に取って見てください。どうでしたか?あれも、これも大量に見つけられませんでしたか。パンにアイスにチョコレート、キャンディー、ドレッシング、調味料、豆腐にかなりの食品に含まれることに驚くと思います。...

  •  0
  •  -

水沢腹堅(さわみずこおりつめる)水菜と赤貝

七十二候 水沢腹堅(さわみずこおりつめる)1月25日から1月29日頃あまりの寒さに、沢の水が分厚く張る頃。寒の水(かんのみず)寒中の水は薬になるといわれ、この水で餅をついたり、服薬に用いたりする。酒、醤油、味噌は、寒中の水を使って仕込む。...

  •  0
  •  -

海外セレブも愛用する最高の美肌とデトックス効果のあるエプソムソルト

エプソムソルトは欧米では多くの家庭に普及しており、一般的にバスソルトとして使用されている。その他、医薬品や植物の肥料としても用途がある。バスソルトには天然塩を成分としたものもあるが、エプソムソルトは塩分を含まず、無色・無臭のマグネシウムの結晶で、水に溶けやすい性質を持つ別名、硫酸マグネシウムです。日本ではあまり聞きなれないバスソルトです。特に海外のセレブの間では、美肌とデトックス効果があるとの事で...

  •  0
  •  -

ウコンの主成分クルクミンは、アルツハイマー、肝臓、鬱の薬にもなる

日本のウコンのイメージは、カレーよりお酒を飲む前に飲む、ウコンの力の方が、印象は強いかもしれません。インド人は、ガンやアルツハイマー病が少ないと言われています。注目されていた、ウコンの主成分クルクミンの正体が徐々にわかり始めてきました。この記事はウコンの素晴らしい効能についてです。...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。