食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

You can see any categories

category: 経皮毒  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

スイスは制汗剤に含まれる塩化アルミニウムを禁止にした

気温が高くなり汗ばむ季節が近づくと制汗剤のCMがたくさん流れます。ドラッグストアやコンビニでもたくさんの種類が販売されていてどれを選んでいいか迷ってしまうほどです。制汗剤は、毛穴をふさぎ、汗を止める効果があります。汗は体内の毒素を外に排出する役割を持っていますが、制汗剤によって毒素が外に出づらい状況を作ってしまいます。そして制汗剤の成分には、塩化アルミニウムが含まれています。スイスでは、2017年5月5日...

  •  0
  •  -

日焼け止めは、癌、糖尿病、腎臓障害などを予防するビタミンDを阻害する

ビタミンDはガンだけではなく、その他多くの病気に対して有効である事を記事にしてきました。3ヶ月間ビタミンDを服用すれば、すべての病気が消えますという記事の中では、ビタミンDが不足して起こる病気を6つ紹介しました。ビタミンDをうまく取り入れる事により、病気とかなりの距離を置ける素晴らしいビタミンです。しかしこのビタミンDを妨害するものがあります。それは日焼け止めです。夏に近づくにつれて、気になるのが日焼け...

  •  0
  •  -

一般的な歯磨き粉を使用してはいけない10の理由

歯磨き粉には、合成界面活性剤のラウリル硫酸ナトリウムやフッ素が含まれているものが多いです。長期的に使用することによって、味を感じる味蕾(味覚細胞)が破壊されてしまい、味覚障害になってしまうというのはよく知られていることです。歯磨きをした後に、何か食べると、味がよくわからなくなる事はないですか?それは歯磨き粉に含まれる合成界面活性剤が味蕾を一時的に壊してしまっているからです。科学者は、歯磨き粉の成分...

  •  0
  •  -

アルコール手指消毒剤を使用する事で、常在菌が死んでいきます

インフルエンザが流行る季節には、手の消毒剤は欠かせません。病院や職場、公共施設には予防目的で置いてあることが多いですね。また、食中毒の対策にも使用されます。悪い細菌を除去できてよいかもしれませんが、同時に良い菌でもある常在菌も除去してしまう可能性があるとしたら使用するのを待った方が良いかもしれません。それでは、どのような事になるのか見てみましょう。...

  •  2
  •  -

ワセリンをやめるべき4つの理由とその代替案

ワセリンは、乾燥肌やひび割れなど、冬の乾燥した時期には欠かせないアイテムのひとつです。ワセリンは、ユニリーバ社から出ているVaseline(ヴァセリン)という名前で販売されている商品を見かける事が多いと思います。しかし、原材料は石油由来のものからできており、本当に体に優しいかどうかは疑問が残るところです。今回の記事を見た後は、ワセリンを使用するのを控えた方が良いかもしれまん。その理由と代替案を探っていきま...

  •  3
  •  -

ガンやアレルギーの原因になる家の中にある避けるべき7つの製品

今、家にいるなら周りを見渡してみてください。テーブルやイス、カーテン、カーペット、畳、台所用品、洗剤、化粧品、芳香剤、歯磨き粉これらのほとんどに化学物質が使用されています。これらの化学物質は、体からも入り込んでいきます。長年蓄積していくと思うと怖いものがありますよね。発がん物質を含むものから、アレルギーの原因になるものまで、様々です家の中にあるもの中で避けるべき7つの製品をご紹介していきます。...

  •  0
  •  -

毎日使うシャンプーには、神経損傷、記憶喪失、癌のリスクがある。

ノースカロライナ大学の研究者らは、ほとんどのシャンプーで増粘剤として使用されているジエタノールアミン(DEA)が妊娠したマウスの皮膚に塗布されると、子孫の正常な脳の発達を妨げるという事を発見しました。 DEAは、栄養素コリンの吸収をブロックするが、これは脳の発達に不可欠である。...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。