食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

You can see any categories

category: 心臓の病気  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

イブプロフェンやナプロキセンなどの鎮痛剤は、1週間以内に心臓発作の危険性を高める

イブプロフェンは、多くの市販薬に配合されています。市販薬の代表がバファリンルナ、ナロンエース、イブクイック頭痛薬などが挙げられます。ご存知の通り、頭痛薬や風邪薬にも使われている解熱鎮痛剤の事を指します。CMでも見ない日はないと言っていい程、放送されています。手軽に服用できる事から、飲んでいる方も多いと思います。確かに即効性が高い薬ですがそれ以上に副作用には注意が必要です。なんと、服用することで、心臓...

  •  0
  •  -

アボガドは、あなたの心臓を守る最善の方法

豊富な脂肪分を含むため「森のバター」や「バターフルーツ」とも呼ばれているアボガド。原産はメキシコと中央アメリカです。アボカドには3系統1000品種以上があると言われています。スーパーなどで売られてい黒っぽい品種がハス種と言われています。日本では、サラダ、ハンバーガー、タコス、サンドイッチなどに利用されています。アボガドの効能はいくつか聞いた事があるかもしれません。最近の研究では、コレステロールを下げた...

  •  0
  •  -

アスピリンが心臓発作のリスクを190%増加させる

代表的な消炎鎮痛剤のひとつで非ステロイド性抗炎症薬の代名詞とも言うべき医薬品として利用されているアスピリン。アスピリンは正式名称をアセチルサリチル酸と言います。ドイツのバイエル社が名付けた商標名のアスピリンがよく知られ、日本薬局方ではアスピリンが正式名称になっています。アスピリンは、関節炎、痛風、腎結石、尿路結石、片頭痛、さらに、小規模から中規模な手術後や、外傷、生理痛、歯痛、腰痛、筋肉痛、神経痛...

  •  0
  •  -

心臓発作を防ぐ!ザクロで健康を最大限にする11の方法

厚生労働省発表の「人口動態統計の概況」によると、平成25年1年間の死因別死亡総数のうち、心疾患(高血圧性を除く)は19万6,723人で、死因別死亡数全体の15.5パーセントを占めており、悪性新生物(がん)に次ぐ第2位となりました。  このうち、急性心筋梗塞が3万9,956人で心疾患全体の20.3パーセントを占め、「その他の虚血性疾患」が3万4,853人で17.7パーセントでした。  死因別死亡数を性別にみると、心疾患で亡くなった男性...

  •  0
  •  -

心臓発作からあなたを守る20の食品

心臓病がアメリカで最も多い殺人者の一つで、ダイエットや座りっぱなしのライフスタイルが悪化することで、我々はこれまでより心臓発作と脳卒中から多くの危険にさらされています。心臓病の原因は、多くの要因がありますが、より多くの運動をすることは予防の手助けになります。どの食品が自然に心臓病のリスクを軽減するのに役立つかを知ることは有益です。 あなたの動脈を閉塞から解放するのに役立つ20の食べ物と飲み物を見てみ...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。