食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

You can see any categories

category: 社会問題  1/1

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

種子法廃止で日本の食卓が汚染される。

2017年3月に種子法廃止がこっそりと可決されました。日本の食卓が大きく変わってしまう危険な扉をとうとう開けてしまいました。医食同源は食で病気を治すことを言いますが、その食が汚染してしまったら食べれば食べるほど病気になってしまいます。...

  •  0
  •  -

抗うつ薬は脳に重要な3つの栄養素を欠乏させる

厚生労働省平成26年患者調査によると、国内で医療機関を受診している患者数が2014年では116万6千人を超えました。これは15人に1人が生涯に1度はうつ病にかかる可能性がある計算になります。この数字はあくまでも医療機関にかかっている人数になりますので、潜在的な患者数というのははかりしれません。いつどういうきっかけでうつになるか誰もがわからない時代となりました。うつ病の治療としてあげれるのが、休養、薬物療法、精...

  •  0
  •  -

新しい研究では、宗教を信じる人々は「脳が傷ついている」と主張している

日本の宗教は神道と仏教が大多数を占めています。世界を見るとキリスト教、イスラム教を筆頭にかなりの数が存在しています。なぜ外国人があれだけ熱心に神に祈りを捧げ、対話をしているのか。おそらく大多数の日本人が思っている事かもしれません。実は、世界の宗教離れは加速しています。それは、宗教と科学を天秤にかけ科学を信じるようになったことも原因にあるかもしれません。しかし、宗教を信じる人の脳は傷ついているという...

  •  0
  •  -

世界で最も権威のある医学誌で、フッ素が神経毒として公式に分類される

水道水へのフッ化物添加については、長年議論されてきました。WHOは「適切な量の水道水フッ化物添加やフッ化物塗布は、虫歯の予防に多大な利益がある」という見解を表明しています。また、CDC(米国疾病予防センター)やADA(アメリカ歯科医師会)などは、フッ素添加に懐疑的です。このように、長年結論がでてこない状況の中、世界で最も権威のある医学誌で、フッ化物が神経毒として正式に分類されました。それではその中身をみて...

  •  0
  •  -

水道水に添加されたフッ素は、甲状腺機能不全を引き起こし、うつ病、体重増加を更に悪化させる

虫歯予防には、フッ素が有効という事は聞いた事があるかもしれません。事実、歯磨き粉には定番の添加物です。そしてこのフッ素を、水道水に添加しようと世界中で運動が実施されてきました。北アメリカとオーストラリアでは、多くの自治体が安価な費用で効果を期待できるとの考えにより、水道水へのフッ化物添加を実施している。アイルランドでは国の法律で水道水フッ素化を義務づけている。アメリカでは全人口の約70%が水道水にフ...

  •  0
  •  -

秘密にされていた、携帯電話の放射線リスクが最終的に明らかになる

「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表」によると、2016年3月末時点、携帯電話契約数は1億5648万件、PHSは400万件、さらにBWA(Broadband Wireless Access、広帯域移動無線アクセスシステム。代表的なのがWiMAX)が3521万件で、合わせて1億9569万件となり、直近の国勢調査・2015年国勢調査における日本の総人口1億2711万0000人(速報値)に対して154.0%の値となっています。また調査会社の矢野経済研究所に...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。