食は運命を左右する

食 健康 医療の問題提起 そして気づきへ

You can see any categories

category: 病気 予防対策  1/4

スポンサーサイト

No image

  •  -
  •  -

イチゴを食べる事でアルツハイマーを予防できる

最近の研究によるとイチゴを食べることで記憶力の低下やアルツハイマー病の発症を予防できる可能性があることがわかりました。イチゴは様々な抗酸化物質の多く含まれており、カリウム、マンガン、マグネシウムなどの必須栄養素とビタミンを含んでいます。 またイチゴには、フラボノイドの一種のフィセチンが含まれています。...

  •  0
  •  -

耳が聞こえづらくなったら食べる食品

以前こんな体験がありました。話しかけても返事がないので、もう一度話しかけると気づいてくれる。そして、その方は「こっち側から話しかけられるとあまり聞こえないです」と言われたことがあります。それ以来は、聞こえやすい方から声をかけるようにしました。...

  •  0
  •  -

アップルサイダービネガーは副鼻腔炎を改善させる

副鼻腔炎が疑われる症状として、鼻づまりが治らない、臭いのある鼻水が出るなどがあります。蓄膿症とも呼ばれます。...

  •  0
  •  -

オフィスワーカーは病気を予防するビタミンDが不足している

会社に出勤してから、仕事が終わるまでオフィスワークをしている方は多くいると思います。一日パソコンに向かい肩凝りや腰痛、目の疲れと戦いながら業務をこなしている思います。カナダのアルバータ大学の最近の研究によると、オフィスワーカーの91%が十分なビタミンDを摂取しておらず、ビタミンDが75%以上不足しています。...

  •  0
  •  -

肝臓に蓄積されたアルミニウムをデトックスする4つの食品

アルミニウムは、土壌や空気中のちりなどにも含まれています。土壌から吸収されたアルミニウムが野菜、穀類、魚介類などに微量に含まれたりします。そして、食品添加物にも多く使用されています。また一般的な制汗剤や化粧品にも含まれています。 国のいくつかの地域では、水道水にも含まれています。このアルミニウムが体内に入ることで多くの問題を引き起こす可能性があります。軽度な場合は消化不良や頭痛です。それが重度にな...

  •  0
  •  -

動悸を落ち着かせる体に優しい5つの方法

動悸とは心臓の拍動が自分で感じられることを言います。簡単に言えば心臓がドキドキする状態のことです。大事な試合の前、仕事のプレゼンの前、大切な試験の前などの場面を思い出せば容易に想像できると思います。一過性の動悸であればたいして問題ではありませんが、動悸がずっと続くようであればそれは体からのメッセージですので注意深くみる必要があります。正常な脈拍数の目安は、1分間に60回~100回です。...

  •  0
  •  -

農薬や除草剤が原因による9つの慢性疾患リスト

最近の調査、レポートのデータによると、世界の除草剤市場は2016年に239.7億ドルと評価され、2022年には3410億ドルに増加すると予測されています。農薬や除草剤が原因で食物がますます毒性を増していきます。そして比例するように肝臓がんによる死亡が急増しています アメリカ癌協会が指摘しているように、米国における癌の死亡者数は過去30年間で倍増しています。...

  •  2
  •  -

6歳未満の子供が医者によって抗うつ薬を処方されている

世界保健機関(WHO)によると2012年の世界のうつ病患者数が3億5千万人と発表しています。そして、毎年100万人近くの自殺者のうち、うつ病患者の占める割合は半数を超えるとみられています。うつ病の治療としてあげれるのが、休養、薬物療法、精神療法(カウンセリング)の3つが基本と言われています。仕事を持っている場合は、薬物療法を選択し働きながら治していくという方もいます。しかし、それが子供の場合はどうでしょうか...

  •  0
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。