重曹とレモンの組み合わせは、どの化学療法より強い

lemon-and-baking-soda-600x469_mini_mini.jpg

重曹は、料理や掃除、入浴剤、医薬品としても利用される万能な物質です。
おそらく、一度や二度使用されたことがあるかもしれません。
また、健康法に詳しい方は、重曹が癌に有効というような話を知っていると思います。


重曹は可能性の塊です。そして癌対策のひとつとして参考にしてみて下さい。
それでは、重曹の新しい療法を見てみましょう。

続きを読む

スポンサーサイト

わずか2年で9000件もの研究が行われているビタミンDの重要な役割


sunshine-e1457555207701_mini.jpg

ビタミンDは、脂溶性ビタミンのひとつです。
そしてビタミンDは、植物由来のビタミンD2と動物由来のビタミンD3があります。


ビタミンDの主な働きは、カルシウムやリンの吸収促進、骨の形成と成長促進です。
ウコンの研究が、注目を浴びている中、ビタミンDも負けていません。今ではウコン以上です。
わずか2年でかなりの注目を浴びている栄養素でもあります。


ビタミンDの潜在的な能力は、これから開花するに違いありません。
現段階のビタミンDの研究内容と効能を見てみましょう。

続きを読む

ビタミンDの欠乏により、片頭痛や頭痛が引き起こされる


migraine-1024x512_mini_mini.jpg

片頭痛(へんずつう)とは、頭痛の一種で、偏頭痛とも表記する。
頭の片側のみに発作的に発生し、脈打つような痛みや嘔吐などの症状を伴うのが特徴である。
軽度から激しい頭痛、体の知覚の変化、吐き気といった症状によって特徴付けられる
神経学的症候群である。
生理学的には、片頭痛は男性よりも低血圧の女性に多い神経学的疾患である。


片頭痛の原因は多岐にわたるが、それらは行動によるもの、環境によるもの、伝染による
もの、食物によるもの、化学作用によるもの、ホルモンによるものにそれぞれ分類される。
これらの要素は、医学文献では「誘発因子」として知られている。


この厄介な片頭痛の原因は、このようにたくさんあります。
そして、この厄介な犯人が、明らかになってきました。
その犯人を探しに行きましょう。

続きを読む

癌はわずか42時間で消滅するでしょう。このジュースは5万人以上を癒しました


33_mini_mini.jpg

ビーツは、ビートルート、レッドビート、ガーデンビート、テーブルビート、または
カエンサイ(火焔菜)とも呼ばれています。


肥大した根は深い赤紫色で、アブラナ科のカブに似ているため「赤蕪」と呼ばれることが
あり、19世紀には英語で「血蕪」(blood turnip)と呼ばれたこともあるが、ビートは
アカザ科なのでカブの近縁種ではない。


東欧、西アジア、北アフリカ、南北アメリカなどで盛んに栽培されている。
日本への渡来は江戸時代初期と推定され「大和本草」に記載されている。


缶詰加工されたものが販売されている。
また、一般の花屋などで栽培用として種子も販売されている。


このビーツをジュースにして飲むと癌が消滅してしまう可能性があります。
それではその可能性をみてみましょう。

続きを読む

桜始開(さくらはじめてひらく)竜髭菜と桜餅


boat-1835081__340_mini_mini_mini.jpg

七十二候  桜始開(さくらはじめてひらく)
3月25日から3月29日頃


桜の花が咲き始める頃。
いよいよお花見の季節の到来ですね。


桜開花の600度の法則
2月1日以降の毎日の最高気温を足し上げ、その累計値が600度を超えた日に桜が開花する。
とする法則です。


奈良県の吉野山の桜は、山全体がピンク色に染まる世界遺産にも指定された霊場です。
春には約三万本と言う世界に類を見ない規模のヤマザクラが咲き誇り、その光景は
古来より「千本桜」「一目千本」等と形容されてきました。
吉野山の桜は圧巻です。おススメですのでぜひ見てみて下さい。

続きを読む

最新記事
カテゴリ
最新コメント
注意事項
いつもありがとうございます。 このサイト上の情報は病気の診断、治療、予防をお約束するものではありません。 この情報の判断は、読者になります。 使用する使用しないは読者ご自身の責任でご判断ください。 持病をお持ちの方や、アレルギーをお持ちの方、心配な方は 必ずかかりつけの医師や専門家に相談するようにして下さい。
月別アーカイブ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

タオ君

Author:タオ君
食という漢字は【人】を【良くする】と書きます。
誤った食の常識、非常識な健康法、マインドコントロールされた医療。
これらの問題に対して、より多くの気づきを得れることを願ってます。

医食同源と命
かつての中国、周時代では四階級の医師が存在していました。 その中で最も重要で官位が上だったのが食医でした。 その次に、疾医(内科)、その下に瘍医(外科)、獣医という順番です。 医食同源という言葉があるように病気は【食】で治すという思想を持っていました。 しかし、現代では、順番が逆転し、医食同源というのは忘れさられているように思います。 食卓は、彩り良く豊かになったが栄養は少ない。 たくさんの健康法があるのにも関わらず、不健康になり、 医療がどんどん発展しているのに、病気は増えていく。 自分の命を守るのは、医師ではなく自分自身です。 世間の常識を鵜呑みにせず、自分の頭で考えて判断をする。 そうする事によって、たくさんの命が救われると思っています。 【人生はどれだけ呼吸をし続けるかで決まるのではない。どれだけ心のふるえる瞬間があるかだ】 そのように語ったアメリカのコメディアンのジョージ・カーリン。 このブログが、あなたの命の炎を輝かせる一助になれば幸いです。
ブログランキング参加してます
いつもありがとうございます。 お役に立てたらクリックお願いします。 励みになります。
こちらもお願い致します。
食は運命を左右する
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR