Welcome to my blog

蟄虫戸坏(すごもりのむしとをとざす)里芋と柿

  23, 2017 22:43
landscape-1510266__340.jpg

七十二候 蟄虫戸坏
(すごもりのむしとをとざす)


(二十四節気 秋分 次候)

9月28日から10月2日頃。

元気よく活動していた虫たちも巣ごもりの準備をする頃。
  •   23, 2017 22:43
  •  0

雷乃収声(かみなりすなわちこえをおさむ)松茸と蝦虎魚

  18, 2017 01:48
landscape-615428__340.jpg

二十四節気 秋分

9月23日頃
および寒露までの期間。
太陽黄径180度。
白露から数えて15日目頃。

地球の赤道を延長した天の赤道と太陽の通り道の黄道がちょうど交差したところが黄径0度。

秋分とは、太陽が黄径180度(秋分点)を通過するときのこと。春分と同じく、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

極楽浄土があるという真西に太陽が沈むことから、亡くなった人をしのぶ日とされています。

春分・秋分の3日前から7日間をそれぞれ春の彼岸、秋の彼岸とします。

※春分・秋分は「彼岸の中日」といいます。彼岸は日本独自の行事です。
「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、この日を境に寒さが増してきます。

日本の行事・暦より引用


  •   18, 2017 01:48
  •  0

玄鳥去(つばめさる)茄子と石榴

  12, 2017 00:51
swallows-2415019__340.jpg


七十二候 玄鳥去(つばめさる)

(二十四節季 白露 末候)

9月17日から9月21日頃。

つばめが南方に旅立つ頃。
  •   12, 2017 00:51
  •  0

鶺鴒鳴く(せきれいなく)生姜と鰯

  07, 2017 01:10
white-wagtail-2390374__340.jpg

七十二候 鶺鴒鳴く(せきれいなく)

(二十四節季 白露 次候)

9月12日から9月16日頃。

鶺鴒という小鳥が鳴き始める頃。
  •   07, 2017 01:10
  •  0

草露白(くさのつゆしろし)縞鯵と秋刀魚

  03, 2017 00:44
drip-2601733__340.jpg

二十四節季 白露(はくろ)

9月8日頃。

および秋分までの期間。
太陽黄径165度。

処暑から数えて15日目頃。
この日から仲秋になります。 

草の葉に白い露が結ぶという意味。夜の間に大気が冷え込み、草花に朝露が宿ることから名づけられたのでしょう。

野には薄の穂が顔を出し、太陽が離れていくため空が高くなるなど、本格的な秋の到来を感じられる頃です。
日中はまだ暑さが残りますが、朝夕の涼しさの中に肌寒さも感じ始めます。



日本の行事・暦より引用


  •   03, 2017 00:44
  •  0

新ブログのお知らせ

  01, 2017 00:00
vegetables-1149006__340.jpg

新しいブログのお知らせです。

食と身体を考える
https://naturaltaomedical.com/

今後は食と身体を考えるをメインに運営していきます。

このブログの食は運命を左右するについても、不定期ですが記事の更新はしていきます。

カテゴリの二十四節気と七十二候と食は、いつも通り更新します。


今後とも宜しくお願い致します。




  •   01, 2017 00:00
  •  0

禾乃登(こくものすなわちみのる)無花果と茗荷

  28, 2017 00:46
rice-1594612__340.jpg


七十二候 禾乃登
(こくものすなわちみのる)


(二十四節季 処暑 末候)

9月2日から9月6日頃。

様々な穀物が実る頃。田に稲が実る頃。
  •   28, 2017 00:46
  •  0

天地始粛(てんちはじめてさむし)白愚痴と葡萄

  23, 2017 21:16
color-1405478__340.jpg

七十二候 天地始粛(てんちはじめてさむし)
(二十四節季 処暑 次候)

8月28日から9月1日頃。
ようやく夏の暑さが収まる頃。
  •   23, 2017 21:16
  •  0